« 人事を尽くしたが・・ | トップページ | 私の居場所 »

2017年9月16日 (土)

我が精神よ

人間はその肉体であると同時に、精神でもあると言われる。

そして肉体は一年一年必ず歳を取るのだが、精神はそんなにうまい具合には歳を取らない。

Img_0624

むしろ精神は老化ではなく、一年一時の経過と共に成熟していくものでもある。

もっとも、この世的な享楽を追い求めるなら、残念ながら精神も肉体と共に老いていくようである。

Img_0580

ほら、飽食や多淫など自堕落に生きるなら、それは当然のことだよね。

この点、小食で燃費の良い私は体重53k前後で、毎日かなりの運動量をこなしている。

Img_0585

肉体?・・・それは確かに老眼や頭髪、瞬発力には衰えがあるが、精神は依然として36歳前後だろうか。

何かをやろうとする気持ちが旺盛で、これを抑え込むのがかなり大変なのである。

Img_0587

ともあれ今日は期せずしてフリーとなって、朝からホウレンソウの畝づくりに鍬を振るった。

これがなかなか大変で手に豆が出来たのだが、気持ちが途中で止めることを許さない。

Img_0613

ここまでと決めたら決して止めない100k走の鍛錬の賜物で、精神は決して老いてはいない。

肉体の疲労なんてのは、一晩寝ればそれなりに回復するのである。

Img_0617

そもそも、この人生は肉体だと教えられて育った私達は、全ては物質で出来ていると考えてきた。

人間もしかり、諸々の自然界のすべてが科学の言う物質によって出来上がっていると。

Img_0619

素粒子だとか遺伝子だとかだが、素粒子は波だし、遺伝子は情報そのものだ。

つまり現実は必ずしも物とは言い切れないのであって、精神世界がかなりのウエイトを占めているのである。

Img_0620

言いたいのは、自分の気持ちに忠実に生きるべきだってこと。

体は、その自分の精神についてくるのである。

Img_0621

|

« 人事を尽くしたが・・ | トップページ | 私の居場所 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔、父親に質問した事が有ります。
人間の心と身体は、同じモノなのか?と!
心、精神と身体は別物で、身体は、母親より頂いたモノで借り物だと言ってました。
身体が、無いと人として精神活動が出来ないですが、
精神、心を鍛え、身体を鍛えて、上手く身体を使う生きて行くのが人生だと父親が言ってました。

もう一つ父親に質問しました。
死んだら人は、何処に行くの?
仏教や神道に信心深く、御嶽山にも暮石のある父親です。
父親曰く
一言で答えてくれました。
人は死んだらどうなるか!

一文字で!

投稿: ひろ | 2017年9月16日 (土) 20時06分

人間本来無一物。だから死んで「無」になるとされています。だけど、それも死んだことのない人が言っているんだから、あてにぁ〜なりゃしません。私は、大自然に帰るのだと思っていますが…。
 ひろさんの親父さんとは気が合いそうですね。そうですよ、自分の体は精神がコントロールするんですよ。
               山草人

投稿: 山草人 | 2017年9月17日 (日) 06時54分

兄貴、そのとうりでした。
父は、一言で『無』と言いました。
この二つの質問をしたのは、高校生の頃だと思います。
兄貴と気が合うと思いますよ。
夜となく昼となく相談に来る方おられました。
品があって世話好きな人でした。

投稿: ひろ | 2017年9月17日 (日) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65797759

この記事へのトラックバック一覧です: 我が精神よ:

« 人事を尽くしたが・・ | トップページ | 私の居場所 »