« 日々に楽しまざらんや | トップページ | 歳と共に »

2017年10月21日 (土)

久しき時をもてあそぶ

これまでの長い間、随分とあくせくと無我夢中で走り続けてきたものだと思う。

将来への不安一杯で過ごした幼年時代、人には負けまいと必死に気張っていた現役時代、そして今、古希を前に何とも平穏な時を迎えている。

Img_0876

「平穏な」とは、何事も自分の判断とペースで事を運び得ると言う意味で、正に自由な時間を謳歌することだ。

とは言え、私自身退屈が好きな訳ではなく、何かをやりながら自分を無為な状態に置くことが多い。

Img_0880

それは例えばランニングしながらとか、無心でホウレンソウやブドウの世話をしている時だ。

いやさ、こうやってブログを書いている折も、一人自分の心の中を覗いているひと時だ。

Img_0881

「もてあそぶ」とは言っても、TVを観たりパチンコやゲームで時間を潰すなんて愚の骨頂で、

それは自分の時間を消してしまっているだけで、時間を遊ぶとは程遠いのではないか。

Img_0882

一人心を無にして自己と対面してるからと言って、取り立てて何かが生まれる訳じゃない。

だけどそんな静かな時間の中でこそ、人生の味わいみたいなものを感じるのだ。

Img_0885

味わいなんてものは、人に説明出来るものでもないが、マイルドな飴玉を舐めるように、ゆっくりと人生の時間を堪能すれば良いのである。

Img_0887

それで「何と幸せな」と思うのは、まだまだ十分な体力があって、様々な挑戦の余地を残していることだ。

Img_0892

砂漠を走るグレイトレースへの挑戦もさることながら、まだ見ぬ無辺な世界が私の前には広がっている。

これを、我が人生の味わいとしなくて何としよう !!

Img_0910

「まれに木の葉の飛ぶさえや 久しき時をもてあそぶ」(三好達治)

|

« 日々に楽しまざらんや | トップページ | 歳と共に »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65927663

この記事へのトラックバック一覧です: 久しき時をもてあそぶ:

« 日々に楽しまざらんや | トップページ | 歳と共に »