« 霜雪も亦生々 | トップページ | 大内宿から鶴ヶ城へ »

2017年10月29日 (日)

紅葉の会津

会津にとっては悲劇の、あの戊辰戦争から今年で150年になる。

だからと言う訳では無いが、会津の地51kを二日間で走るマラニックに参加した。

Img_0004

朝9時に東武浅草駅に集合したのは15名、全席指定で終点の会津田島駅に向かう。

Img_0006

日光を過ぎる辺りから山々が色付いてきて、この辺から東北の風情を醸し出す。

Img_0008

田島駅では那須塩原在住のKAさんが出迎えてくださって、私達のエイドを買って出てくれた。

Img_0010

台風22号を前にしていたのだが、この日の会津は曇りである。

Img_0011

13:00駅前をスタートして、先ずは田島の歌舞伎屋台を見物し、一路湯之上温泉へと19kを走るのだ。

Img_0012

街を抜けると忽ちにして錦織り成す山々が目に入って来るのだが、そう・・・東北の紅葉は一味違うのである。

Img_0014

戊辰戦争の後、戦勝した官軍は、この地域の山のほとんど(民家の軒先まで)を国有地にしたのである。

Img_0016

それで(杉檜への)造林が進まず、全山が錦の紅葉を見せるという訳である。

Img_0020

まぁ〜そんなこんなを語り合いながら歩を進めていくと、路の傍らでリンゴを売っている農家があって、その蜜リンゴが初めて食べる程の美味しさである。

Img_0022

荷物を背負って走る身には、こんなひと時が何とも言えず嬉しい。

Img_0024

ともあれ足は快調で、リズム良く会津の地を「塔のへつり」に向かっていく。

Img_0026

塔のへつりは、阿賀川が深く削り取った断崖の渓谷で、それが紅葉とも相俟って美しい。

Img_0028

やはり紅葉シーズンとあって多くの観光客が、ブルーの水面に映える紅葉を楽しんでいた。

Img_0031

私達はこのへつりから4k程のところの民宿を目指している。

Img_0034

その湯之上温泉はやわらかなアルカリ温泉で、宿「いなりや」の会津弁の女将さんが向かえてくれる。

Img_0035

それにこの宿のご馳走と来たら、想像を絶するボリュームで、巨大なイナリに始まって、

Img_0037

とても食べきれない野菜の天婦羅には驚きで、これを翌日の昼飯にすることにした。

Img_0039

ともあれ良く走り、良く食べて和気藹々の談笑が続き、翌日の好天を願いながら熟睡したのである。

|

« 霜雪も亦生々 | トップページ | 大内宿から鶴ヶ城へ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

そちらは雨が大丈夫だったんですね。
紅葉がとても綺麗です。
「へつり」の意味が分からず・・・(笑)
ネットで調べました(笑)
2日目も楽しまれたんでしょ。楽しみです(笑)

投稿: さくら | 2017年10月30日 (月) 10時21分

「茀」と書きます。建築用語でハツリと言う言葉(構造物を削ること)がありますが、似た様なイメージですね。川の流れが削って磨きあげた造形ほどの意味でしょうか。そもそもこの地方には絶対読めない難しい漢字(地名)が多くあって、アイヌの言葉の影響があるのかも知れません。
 雨は、土曜日は大丈夫だったんだけど・・・日曜日はしっかりと降られました。でも、雨の大内宿もこれまた風情がありましたよ。
               山草人

投稿: 山草人 | 2017年10月30日 (月) 13時14分

こんにちは内田です。
萩田さんの紅葉のマラニックは最高でしたね。
イイ、マラニックで走るコースは素晴らしいし、それに嬉しい写真有難う御座いました。
次回の春には参加したいです。
案内があるかね。?
関西から参加の中島(私の先輩)さん、石原さんの元気な姿に勇気を頂きました。
私は、28日29日熊野海道マラニックに参加しました。台風の関係で雨のマラニックでしたが、28日天満橋スタート→貝塚(1箔)→和歌山市海南駅ゴールの80㎞に参加し、29日は台風の関係で、50㎞付近で無理せず中止し帰宅しました。
京都在住の森塚良朗さんからの呼びかけで全国から32名が集まり走りました。
同行者のランナーに、今年の日本縦断者参加者からの貴重な話を聞きました。

投稿: 内田敬三 | 2017年10月31日 (火) 14時27分

おやおや、内田さんはもっと台風に近い熊野街道でしたか。実はそよ子さんが、来春に奥熊野の計画を立案中で、都合が付けば是非参加したいと思っています。
 NさんもIさんも、お歳にも拘らずしっかりと完走していました。また今度、お会い出来る機会を楽しみにしています。
              山草人

投稿: 山草人 | 2017年10月31日 (火) 17時51分

は~い、そよ子です!(^^)!山草人さん、今回の旅でも楽しいお話をありがとうございました。未知への果敢な挑戦!圧倒的に応援しています。ところで、来春、熊野古道(伊勢路)実現させたいものです。Nさんの熱烈リクエストでもあります。楽しみにしていてください。

投稿: そよ子 | 2017年10月31日 (火) 21時56分

それで、山全体の綺麗な紅葉が見られるのですね。4キロを背負っているにもかかわらず、山草人さんの足取りは軽かったです~。残念なことについて行けませんでしたが、道が分かり難いところで先導して頂き助かりました。感謝!

投稿: HK | 2017年11月 1日 (水) 00時10分

そよ子さん、会津では何かとお世話になりました。お蔭で楽しい二日間を過ごすことができました。
 熊野古道は是非行ってみたいのですが、連休は例の遠征で参加できません。うまい具合に日程が合致すると良いのですが。
              山草人

投稿: 山草人 | 2017年11月 1日 (水) 07時59分

 そうですね。HKさんにもお世話になりました。その素晴らしい健脚もさることながら、Kさんは物事に感動できる豊かな感性をお持ちで、いつも感命を受けています。
 またいつか、どこかでお会い出来るとうれしいですね。
               山草人

投稿: 山草人 | 2017年11月 1日 (水) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65979361

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の会津:

« 霜雪も亦生々 | トップページ | 大内宿から鶴ヶ城へ »