« 老いの坂 | トップページ | 成し遂げてこそ »

2017年10月 7日 (土)

好奇心を肴に

人生を面白くしたかったら、それは言うまでもなく、好奇心を持ち続けて行動することだろう。

私の場合は、好奇心は申し分ないのだが、その実行力にかける(優柔不断)ところがあって、

Img_0797

この程度の人生(?)に甘んじている訳だが、中年になって走ることを始めてから、それが随分改善されたと思う。

Img_0803

行動も考えることも積極的になったというか、かつてなら「嫌だなぁ〜」と思った事も、「よし、やってやろう」ってな具合に変わったんだ。

そして何時の間にか、この走ることが私の一部のようになって、毎週のように大会に出掛けている。

Img_0808

そこには仲間との出会いがあるし、未知との遭遇や発見にワクワクすることも多い。

Img_0817

因みに今夜は、浜名湖100kの大会に出掛けようとしている。

午前零時、弁天島海岸をスタートして、ぐる〜っと湖岸を縁取るように回ると100kである。

Img_0821

今夜は月明りも頼りにならないから、明日未明まではヘッドライトを頼りに暗い道を走る。

Img_0822

それで目算としては、明日の15時頃には弁天島のスタート地点に帰り着く予定である。

勿論、基本的に一人で黙々と走る訳で、その100kは実に遠く、決して楽な行程じゃない。

Img_0824

知らない人が聞けば呆れる所業かもしれないが、やると決めたらやるのが今の私だ。

Img_0825

そりぁさ、人間だから「大変だなぁ〜」とは思うが、「だかこそ、面白い」って考えている。

そうさなぁ、好奇心は人生の肴、人生を面白くしてくれるし、その好奇心が無くなったら、人生も終わりだろうと思っている。

Img_0826

何もしないで過ぎ去る人生なんて、それは無かったも同じでしょ。

Img_0827

どうせなら、色々とやってみるさぁ〜。

|

« 老いの坂 | トップページ | 成し遂げてこそ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/65886041

この記事へのトラックバック一覧です: 好奇心を肴に:

« 老いの坂 | トップページ | 成し遂げてこそ »