« 幸せ感覚 | トップページ | 五感を呼び覚ませ »

2017年11月25日 (土)

明神山に登る

愛知県の北部、蓬莱湖を囲む山稜の一部にその山は聳えている。

標高1200m程の山だが、なかなかどうしてかなりの急峻で、頂上部分は痩せた突起の様に切り立っている。

Img_8567

三遠南信道の一部開通で、この蓬莱の地域が随分と近くなって、しばしば訪れているのだ。

Img_8568

今日はS間さんの登山ツアーがあると聞いて、勝手に参加しようと三河川合駅に向かったのである。

しかし、駅には集合時間の7:33になっても誰一人やって来ず、止む無く一人登山となった次第である。

Img_8569

実は今日の登山はリュックサックを試す意味もあって、水4リッターを含め7kg程を背負っていた。

Img_8571

流石に重くて腰の当たりにもグイグイと摩擦がかかるのだが、これを調整しながらの登山である。

ともあれ登山口の乳岩の気温は4℃前後だが、折からの好天で駐車場は一杯であった。

Img_8572

黙々と(CDを聞きながら)登ること二時間半、頂上付近の分岐で三ツ瀬方向に行ってしまって、30分余を戻ることになった。

Img_8574

一人登山はこれだからいけないと思いつつ、それでも11時前には山頂での食事となった。

だが辺りには霜柱も光っていて、冷たい風に流石に寒くなって、早々に頂上を後にすることにした。

Img_8575

この山の名物でもある「馬の背」まで降りてくると、後から登ってきたS間さん一行と出会った。

Img_8576

同行出来なくて残念だったが、私はまっしぐらに下山を急いだ。

Img_8577

とは言え、登るのは当然大変だが、下るのだって険しい傾斜で、足を置く位置やら何かと気を配らねばならない。

Img_8578

正にこれは人生と同じで、むしろ下り坂こそ工夫や知恵が必要なんじゃなかろうか。

Img_8579

さりながら我が健脚は、3時間で登った山を1時間20分で降りてしまった。

Img_8580

三遠南信道のお蔭とは言え、明神に登って尚且つ時間的に余裕があるんだから有り難い。

Img_8581

ハイ、今日の訓練はお終い。

|

« 幸せ感覚 | トップページ | 五感を呼び覚ませ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
昨日はすいませんでした。
我々も何とか無事に登山を済ませることができました。

馬の背の写真、写っていませんでした。
残念|д゚)

投稿: しんしん | 2017年11月26日 (日) 06時10分

シンシンさん、お疲れ様でした。ご一緒して皆さんと、蓬莱湖へのルートを辿ったら良かったですね。私は随分荷物を背負っての訓練のつもりで、結構きつい登山になりました。
 馬の背で、皆さんにお会い出来て、ホッとしました。山は、常に自分と向き合う場ですからね。
             山草人

投稿: 山草人 | 2017年11月27日 (月) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66085093

この記事へのトラックバック一覧です: 明神山に登る:

« 幸せ感覚 | トップページ | 五感を呼び覚ませ »