« 老いは怖くない? | トップページ | 顔の皺に誇りを »

2018年1月31日 (水)

五万年の旅

私達の直接の先祖となったホモ・サピエンスの故郷は、アフリカ大陸南端近くだとされている。

このアフリカの南端から、五万年もの月日を費やして、南アメリカのパタゴニアまで、世界各地の五大陸に拡散したのた゜。

Img_0151

しかもその移動と共に、少しずつその土地の環境に適合することを、知力で学びながら。

人間以外の他の動物は、自分の体を変えて幾つもの種に分化しながら、生き延びたのだ

Img_0165

が、

人間だけは、自分たちの体を変えるのではなく、「文化的」な手段で分布を広げたのだ。

つまり寒ければ毛皮をまとい、海があれば小舟を作り、身を守るために武器を作り・・って具合に。

Img_0152

何度もの氷河期だってあっただろうし、飢饉も乗り越えなきゃならなかったはずだ。

この五万年の間に絶滅した動物は数限りないが、人類はその生活スタイルを変えることで生き残ってきた。

植物を栽培したり、動物を飼育したりってことで、(他の動物は食料が減れば個体数を減らすのだが)

Img_0156

食料を自分たちでコントロールできることが、彼らの数を確実に増やしてきたのである。

そうして今、私達の文化の力は限りなく発展し、月にだって行ける能力を備えたって訳だ。

それを可能にした唯一の秘訣は、知識を継承する能力だった。

Img_0160

先祖の知恵を受け継いで、それに自分たちの工夫を加えて、限りなく維持・発展させていくことだ。

それには(言葉などの)知識伝達能力が不可欠だったろうが、それが可能になった故に私たちが今存在しているのだろう。

つまり私達の文化レベルは飛躍的に進歩はしたが、基本的な資質(能力)はほとんど五万年前と同じだってことだ。

Img_0163

ともあれ私達のルーツは、アフリカ大陸の南端(ブロンボス遺跡など)にあるのだ。

そう・・・私は、その人類の発祥の地に向かう訳で、五万年前に彼らが辿ったかも知れない砂漠を、たった250kだけど走ろうとしている。

Img_0164

今もナビブの一部には、原住民が半ば裸体で生活しているらしいが、彼らも私達と何ら変わっていやしない。

幾らか時間のずれはあったとしても、・・・五万年からすれば、それはさしたることじゃない。

I have a lot on my plate right now.

|

« 老いは怖くない? | トップページ | 顔の皺に誇りを »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66342709

この記事へのトラックバック一覧です: 五万年の旅:

« 老いは怖くない? | トップページ | 顔の皺に誇りを »