« 人生は、にこにこ顔で命がけ | トップページ | 大自然の中に・・・ »

2018年1月28日 (日)

人生の無駄

何時も回り道ばかりしてきたし、やることなすこと無駄ばかりだったような気もする。

自分でもそう思うことがあるんだから、利口な人から見れば、さぞかし無駄な人生に見えることだろう。

Img_8961

毎日汗を流して山の中を走ったり、頼まれもしないのに街頭に立って旗を振ったり、更に今度は70にもなって砂漠を7日間も走るという。

Img_8963

無駄というよりも、気が狂っているのではないかと、そう思われているらしい。

しかし利口でスマートに生きる人は、案外燃えることができない。それは燃えて生きるためには愚かさが必要だからだ。

Img_8965

幸いに私は十分に愚かで、過去の馬鹿や愚かなことは思い出すことができないほどある。

Img_8968

その上に、更に馬鹿を日々積み重ねているのである。

Img_8972

そもそも、生きることそのものが無駄ならともかく、人生に無駄なことなんてあるのだろうか?

今になって思えば、全国各地を汗を流して自分の足で走ったことが、何時の間にか味わいになっている。

Img_8973

この十年余、毎日街頭に立ち続けたことが、私の規則正しい生活の規律になっている。

Img_8974

ことほど左様に、人生には無駄など無いのである。

Img_8975

ところで今日は、恒例の掛川城下町駅伝の日である。

Img_8976

132チームが、山内一豊の出世城で知られる掛川城下を疾走したのである。

Img_8977

当然ながら見渡せば選手は若い人が大半で、或いは私も最高齢の部類であった。

Img_8979

流石に若い人には適わない面があるが、それでも何の、痩せ馬は痩せ馬なりに走ったのである。

Img_8981

そこは日々の積み重ねが十分ある訳で、どやら老いるとは単に年を取ることではなさそうである。

Img_8982

さても向後の十年、思いっきり無駄を生かしていこうと思っている。

|

« 人生は、にこにこ顔で命がけ | トップページ | 大自然の中に・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

皆さんお疲れ様でした。
良い汗を流すことができました
シルバー世代シニア世代の団結力を示すことができました。
頑張れ小笠山RC、シニア世代(*^ー^)

投稿: 高御所の河内 | 2018年1月29日 (月) 08時15分

 そうですね、久しぶりに懸命に走りました。しかし、私は既にシルバー世代なんでしょうかね? ともあれ、力を合わせて襷をつなぐのは嬉しいものですね。
 ところで、人は何時の間にか馬齢を重ねてしまうもので、そのことに気づく頃には、髪が白くなっているってことでしょうか。そんな人生の面白さは、いつか終末があるってことなんでしょうね。私も、まだまだ懸命に走ろうと思っています。
              山草人

投稿: 山草人 | 2018年1月29日 (月) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66331733

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の無駄:

« 人生は、にこにこ顔で命がけ | トップページ | 大自然の中に・・・ »