« 老いの予兆 | トップページ | 自然(世界)と自分 »

2018年1月14日 (日)

厳寒なればこそ樹氷の山へ

今日は全国的に冷え込んで、冷蔵庫の中にいるような寒い一日だった。

そんな折、敢えて霧氷・樹氷で知られる奈良は吉野の高見山に登った。

Img_0238

高見山は、近畿のマッターホルンとも言われるほど、山麓からの眺めもひときわ美しい山だ。

Img_0248

標高は1,250mほどしかないが、マッターホルンにはない樹氷が見られるのである。

Img_0250

日本海からの冷たい風がこの辺りを吹き抜けるらしく、この山には美しい樹氷が育つ。

Img_0254

朝は暗いうちから奈良に向かい、登山口のたかすみ温泉に着いたのは10時だった。

Img_0258

気温は氷点下2度とブルっと身震いする寒さで、もう登る前から指先が凍えていた。

Img_0260

7人の仲間とともにその凍てついた登山道を登り始めたのだが、直ぐにアイゼンの着用が必要になった。

Img_0265

この数日来の寒波ですっかり雪化粧していて、奥深い雪国に来たかのようであった。

Img_0269

その雪が登るに従って、樹の枝に積もったボタン雪から霧の結晶した霧氷に、さらに登ると樹氷へと変わっていく。

Img_0270

ただしかし、麓でマイナス二度は山頂ではかなりの温度になっていたはずだ。

Img_0271

私のウオーターボトルは吸い口が凍ってしまって、水を飲むこともできなかった。

Img_0272

ともあれこの山は歴史の古い山で、太古の昔神武天皇が山頂近くから大峰山系などを睥睨したことから、高見山とされたらしい。

Img_0274

樹氷と言えば蔵王などをイメージするのが一般的だが、奈良の奥の院にかような名所があるのだ。

Img_0275

登ること三時間弱、午後1時近くに山頂に着いて、その景色にしばし圧倒されされていた。

Img_0276

しかして山頂は銀座の賑わいに近く、あまりの寒さとも相まって早々に下山と相成った。

Img_0277

下山は雪を滑るように走り下りて、1時間15分ほどで麓のたかすみ温泉にたどり着くことができた。

もちろん、温泉に入って冷えた体を温めたのである。

Img_0279

今日は、寒ければ閉じこもるのではなく、敢えて寒さに挑戦する爽快さを十分味わうことができたのである。

|

« 老いの予兆 | トップページ | 自然(世界)と自分 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした。
風の強い尾根のモンスター風樹氷は見事でしたね。
私はぶら下げていた手拭いがパリパリに凍ってました。夜明け前に登った人は強風とガスの頂上だったそうですが、それに比べたら最高のシチュエーションでした!

投稿: 弥生 | 2018年1月15日 (月) 07時42分

ホント寒かったですが、あの冷凍庫の中の雰囲気も素晴らしいと思いました。奈良の一角にあんな所があるなんて、驚きました。Mさんと皆さんのお陰で、かけがえのない経験ができました。ありがとう。
              山草人

投稿: 山草人 | 2018年1月15日 (月) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66278774

この記事へのトラックバック一覧です: 厳寒なればこそ樹氷の山へ:

« 老いの予兆 | トップページ | 自然(世界)と自分 »