« 自らを知る | トップページ | 細やかな喜びと楽しみと »

2018年1月10日 (水)

活力の源泉

植物なら芽を出し花を咲かせ、実を成らせようと全てが競い合っている。

動物だってそれぞれ自分達が生きると同時に、子孫を増やそうと懸命に努めている。

Img_0195

そもそも、およそ生命あるものは、自ずと生きているその力を放出しようとするものだ。

時にそれは腕力であったり、精神力、生命力、はたまた知力や判断力だったりする。

Img_0197

そして保身は、その生きようとする結果だとされている。

しかして近頃の人間社会では、その生命の根源である繁殖すら疎かにされ始めている。

Img_0194

その原因は色々あるかも知れないが、根本的には戦後の間違ったエゴイズムにある。

言うまでもなく私主義であり利己主義、「自分」の利益だけに価値があるって考えだ。

Img_0193

本来人間も動物だから、性欲を始めとして支配欲や我欲があって当たり前だ。

ところが自己保全が極まって、生命としての我欲(生殖や自己主張)までが希薄になっている。

Img_0190

自分なりの意見も持たずに他を批判することに安住し、常に付和雷同で良しとする。

当然子供の数は減る一方だが、つまりこれは生命力衰退の兆しなんだろう。

Img_0188

ところで人間はほとんど全ての人々が、自分のことを最優先させるエゴイストだ。

メセナであれ慈善活動やボランティアだって、突き詰めれは自分のエゴに行きつく。

Img_0187

そうしてエゴは、動物が生きようとして、その根本が生み出す健全な欲求なんだと思う。

健全なエゴイズムが求められる所以である。

Img_0185

私も御多分に漏れず、長いこと自分を殺して生きてきたが、「もう、良いでしょう!!」って感じだ。

自分のしたいことをして、精一杯自分の生きようとする力を羽ばたかせようと思っている。

Img_0184

|

« 自らを知る | トップページ | 細やかな喜びと楽しみと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66263115

この記事へのトラックバック一覧です: 活力の源泉:

« 自らを知る | トップページ | 細やかな喜びと楽しみと »