« 顔の皺に誇りを | トップページ | 自分の納得 »

2018年2月 2日 (金)

地球の46億年と私達

暑いの寒いの、政治がどうした、景気が…などと私達は右往左往しながら生きている。

一個の生命体にとって、その生死は後生大事ではあるのだが、この宇宙からすればいかにもか細い。

Img_0176

それに皆既月食があろうが、それと私達とどう関わっているかなんて考えもしない。

実は明日、菊川の某寺で和尚を囲んでの囲炉裏端会議があるので、そのことを考えたのだ。

Img_0177

この地球が生まれたのは46億年前とされていて、その地球に10億年後生命が育まれた。

生命が陸に上がったのはそれから36億年後で、私達の始祖となる猿人の登場は200万年前、原人が五十万年前に登場し、旧人は十万年前・・そして様々な理由で絶滅している。

Img_0178

私達の直接の先祖となる新人の登場はやっと五万年前で、アフリカの南端から長い時間をかけて五大陸に拡散した。

この一連の流れを地球の歴史を一年に例えると、私達の先祖の登場は(今じゃ大きな顔をして生きているけど)最後のたった一秒のうちの、それもわずかに過ぎないのだ。

Img_0179

ともあれ私達は、その一秒間の間に遺伝的には何も変化せずに、その文化を豊かにすることで繁殖してきた。

その所有する文化を別にすれば、私達は基本的にネアンデルタール人やクロマニョン人と変わりないのである。

Img_0181

そしてその文化を生み出したものこそ、私達が持て余しているかもしれないヒマなんだ。

自然を洞察したり、狩や栽培を工夫したり、天空を眺めたり冒険したり、歌ったりってことだ。

Img_0202

そうして蓄積された文化が様々なものを生み出し、継承されて、今日の一秒に至ったのである。

そうしてみると、私達があれこれ想像したり動き回ったり、精一杯自分を表現しようとするのもその流れだよね。

Img_0205

さぁ~て皆さん、あなたのヒマをどう使っていますか?

明日は囲炉裏を囲んで、人生の四方山を考えてみようと思っている。

Img_0217

|

« 顔の皺に誇りを | トップページ | 自分の納得 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66349545

この記事へのトラックバック一覧です: 地球の46億年と私達:

« 顔の皺に誇りを | トップページ | 自分の納得 »