« 人生は楽しむべし | トップページ | 巣立ちの春 »

2018年2月28日 (水)

旅する心

私の旅は何時も何かが伴っていて、のんびり旅は実は少ないんです。

あくせくと飛び回って、それにランが加わっていたりするから、普通ののんびり旅じゃないな。

Img_9285

人類がこの世界に登場して以来、人々は常にまだ見ぬ土地を求めて拡散を続けてきた。

山のあなたに幸い住むと・・・、そう思って人々は新天地を開拓し続けてきたんだろう。

Img_9286

その人類の歴史と旅とは、まだ見ぬ土地への好奇心として、私達の体の中に受け継がれている。

近年の私は、マラニックを通して、その土地の温もりを楽しんでいる。

Img_9288

道端の地蔵尊や朽ちかけた寺社、古びた句碑や一里塚に人々の営みを思ったりする。

新しい土地を訪れるのも旅だが、古きを訪ねるのも心を富ませる旅で、これが好きだ。

Img_9291

それに考えてみると、旅とランニングはかなり共通部分があるようだ。

脳の中枢部分の血流が良くなって、あれこれのヒントや新たな発想を生む原点となる。

Img_9292

実は私の書いているnovelの大部分は、山を走りながら考えたことなのである。

この延長線上で、7日間砂漠を走りながら、頭に浮かんだことをメモしながら辿るつもりだ。

Img_9293

ともあれノーベル賞学者の山中さんや村上春樹など、創造的な仕事をする多くの人達が走るのを日課にしている。

さもありなんで、旅もランニングも、私達を少し異なった次元へと誘ってくれるのである。

Img_9295

而して私の10年計画では、これまで以上に旅に出よう、走りに行こうと思っている。

行こうと思ったら、躊躇はやめようと決意しているのだ。

Img_9329

そう‥愚図な私は、何時もあれこれ心配してチャンスを逃してきたからね。

私達団塊の世代は、Rat raceを生き抜いて、やっとそれができる時を迎えたのだ。

|

« 人生は楽しむべし | トップページ | 巣立ちの春 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも前向きで活動している姿にムチ打たれた気持ちになりました。そうですね。旅立ちの春は私にも・( ^ω^)・・・
サハラ🏃のように壮大な計画ではないけど、ましてや執筆・出版活動とは御見逸れいたしました。
結果報告に私のほうがわくわくドキドキです。

投稿: 那須のアッキー | 2018年3月 2日 (金) 14時34分

 アッキーさん、是非ワクワクしてください。時にはドキドキも良いでしょうが、それは男と女のドキドキの方がベターですね。
 結果報告は、それは分かりませんが、きっと生きて帰ってきます。そして、novelは完結させたいと思っています。
 今春はアッキーさんにとっても旅立ちの年とか、ユーラシア大陸の歩き旅・・・きっと素晴らしい「人生の時」になることと思います。折角生きているんだから、出来る時に出来ることをやらなきゃね。同志にエールを送ります。
               山草人

投稿: 山草人 | 2018年3月 2日 (金) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66444451

この記事へのトラックバック一覧です: 旅する心:

« 人生は楽しむべし | トップページ | 巣立ちの春 »