« 春を待つ | トップページ | ふらり東京へ »

2018年2月23日 (金)

龍を養う

人にはみんな、自分の中にそれなりの龍が住んでいるという。

そして、歳をとって経験を積むとその龍も大きく強くなっていくものらしい。

Img_9244

そう言えば、少し名のある寺を訪れると、毘沙門堂辺りの天井から龍が睨んでいる。

なぜ龍が描かれているのか不思議だったが、あれは自分の心中の龍でもあるのだ。

Img_9241

天井を見上げるあなたに「おいお前、しっかりと人格を磨いているだろうな。」と問うていると考えれは納得がいく。

さて、問題は私自身の龍だが、どれ程大きな龍が住んでいるのかと思いきや、いや小さい小さい。

Img_9237

色々と経験してきたとは言え、トータルでは我儘と楽を通してきちゃったんだな。

とてもの事、これが俺の龍(人格)だよと披露などできないが、でも確かに龍が住んでいる。

Img_9227

そう思うだけで、何故か心が落ち着くんだから不思議だ。

それはともあれ、今日は浜名湖の一角にあるホテルに来ている。

Img_9219

もう既に二十年ほどが経過するのだが、富士山麓で全国規模のフォーラムを開催したことがある。

その流れを受けて、地元浜松でも元気を出そうと有志が集まって、年に一度のフォーラムを開催した。

Img_9250

正に浜松のやらまいか精神だったし、その成果は二十年を経て稔りあるものになっている。

Img_9256

その有志の皆さんから、あの当時の人達が集まるから是非にとお誘いを受けたのだ。

定年退職以降、過去に拘泥しないと心に決めてきたのだが、今回ばかりは足を向けたのである。

Img_9254

それはそれは幾分年を取ったにしても、懐かしい二十年ぶりの顔との再会である。

Img_9253

実はそれで、自分の中に住む龍を思い出したのである。

当時の自分と今日の自分を比較すれば、少しばかりだが龍が成長しているかと思った。

Img_9252

若さは素晴らしい行動力を生み出すが、熟年もそれなりに良いじゃないかってことかな。

|

« 春を待つ | トップページ | ふらり東京へ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
今日は、「佐久間しし鍋マラニック」です。
お昼ご飯は水窪の「粒食いしもと」で昔の食生活(アワ・ヒエ)を味会います。
今日もユックリ走ります。自分の中の龍とともに、私の龍はタツノオトシゴだいの可愛い龍だと思います。

投稿: しんしん | 2018年2月24日 (土) 07時29分

 獅子鍋マラニック、盛会で楽しそうでしたね。来年も東京マラさん当たらなかったら、今度は獅子鍋にしようかしら。
 ともあれ、しんしんさんの龍は、タツノオトシゴ大かも(?)知れませんが、どんどん大きく成長する龍のようですね。だって、しんしんさんのライン、毎日凄いじゃないでか。やはり、しんしんさんの、人格が素晴らしいからじゃないかと思います。
 自分の中の龍・・・俺をジッと見ていると思えば、人間は自然と大きくなるもののようですね。
                山草人

投稿: 山草人 | 2018年2月25日 (日) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66424916

この記事へのトラックバック一覧です: 龍を養う:

« 春を待つ | トップページ | ふらり東京へ »