« 新たなステージへ | トップページ | 時々根に肥料 »

2018年2月 6日 (火)

医者の見立て

すわっブラツクマンディかと思わせるような世界的な株の大暴落で、投資家はやや浮足立っているようだ。

株の暴落は消費を委縮させるし、回復基調にあった世界経済を揺さぶっているようではある。

Img_8983

しかし今回の動揺は、米国の金融緩和と減税がもたらしたバブルが発端だ。

果たして今夜の市場で米国株が踏みとどまるのかどうか、世界中が見守っている。

Img_8985

もとより株式市場と言うのはマネーゲームの世界で、競争馬に賭けるのとさして違わない。

この会社が調子良さそうだと思えば買うし、皆が買えば株価が上がって儲かるって訳だ。

Img_8986

他山の石とはいえ、私達も無関心ではいられない。

しかしながら、金なんてものは使ってなんぼのものであって、貯金が増えたからって何の意味もない。

Img_8987

問題は、古稀を過ぎた人間が、一体何に金を使うべきかであろう。

古来の、子孫に美田を残さずの例え通り、なまじ遺産を残したばかりの堕落は数知れない。

Img_8988

だからここは、綺麗さっぱり費消して、遺産など残すまいと思っているのである。

話は一気に変わるが、今日は医者に健康診断書を書いてもらいに行ったのである。

Img_8990

ナビブの事務局から提出の催促があって、止むなく出かけたのである。

それと言うのも、私は(歯医者を除き)医者などと言うものに縁がなく、掛かりつけ医と言うものがない。

Img_8992

だから近所の医者に恐る恐る頼みに行った次第だが、これがなかなかの医者であった。

市の健康診断結果も持参して臨んだのだが、問診や心電図の後は、人生観の談議になった。

Img_8993

彼は「近所に、こんな(挑戦をする)人がいるとは知らなかった。」「陰ながら、全面的に応援したい」と切り出した。

そして70歳にもなって、どこにも悪いところがない。鍛錬の賜物とはいえ、こんな人は久しぶりだと言う。

Img_8994

待合室を見渡せば、同年配の人達が大勢蒼い顔をして待っているのだから、さもありなんである。

ところで、その医者と金の話になって、ナビブのレースに大金を使うことに彼は大賛同であった。

金なんて、使わなきゃ何の価値もないんだからね。

|

« 新たなステージへ | トップページ | 時々根に肥料 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66364826

この記事へのトラックバック一覧です: 医者の見立て:

« 新たなステージへ | トップページ | 時々根に肥料 »