« 人生と言う作品 | トップページ | 雪の金沢へ »

2018年2月16日 (金)

いつもと変わらない一日

このブログを読んでくださっている方に、「・・何時も、遊んでいる。」と言われることがある。

確かに毎週のように西へ東へと出掛けたりはしているが、何時も遊んでいる訳ではない。

Img_9080

現実に今日だって、朝の立哨を終えてから確定申告に、帰宅して45袋のホウレンソウを収穫し、

畑を耕して馬鈴薯の植え付け、続いてホウレンソウの蒔き床づくり、続いてスポーツショップに買い物へと休む間もなく夕暮れた。

Img_9081

とにかく遊ぶにしろ働くにしろ、食事とブログを書く時を除けば、じっとしていることはない。

何しろ古稀を過ぎた身の上であって、限りある人生の時間を無駄にはしたくないのである。

Img_9083

そもそも私達は、宝石や金の様な限りあるものを大切にしてきたが、時間はどうだろうか。

その時間こそが限られたものの際たるものであって、それを意識しないと、人生は退屈な時間が果てしなく続くだけになる。

Img_9084

生物は生と死を繰り返すことによって新陳代謝していく、つまり古いものが消えることによって新たな生命の余地を作り続けているのだ。

Img_9085

その仕掛けは、DNAの鎖の末端にキャップ状のテロメアがあって、それが染色体の複製を保護しているんだが、それが細胞分裂の度に短くなっていく。

そいつが擦り切れっちまうと、もう若返りは出来ないってことになる。

Img_9086

これは進化の法則からすれば、明らかに賢明な選択なんだろうな。

Img_9091

而して私達も、どんなに強がりを言ったとしても、金が有ろが無かろうが、このリングから逃れる訳にはいかない。

Img_9097

とどのつまり、私達は誰もが例外なく、何時かは死ぬってことに決められている。

そう・・・人生はそれまでの勝負だから、呑気に鼻くそ掘っている訳にゃいかないんだよね。

Img_9101

ともかく、遊びも一生懸命、もちろん働くのもそれなりに頑張るってことさね。

|

« 人生と言う作品 | トップページ | 雪の金沢へ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66400285

この記事へのトラックバック一覧です: いつもと変わらない一日:

« 人生と言う作品 | トップページ | 雪の金沢へ »