« 地球の46億年と私達 | トップページ | 春立ちぬ »

2018年2月 3日 (土)

自分の納得

掛川駅10:00に集まったのは、多くが顔なじみの10人である。

そこから「塩の道」を辿って長福寺まで2時間と少し、道すがらの風情を楽しみながら歩いていく。

Img_8984

途中の無人市でレタスを買ったり、満開の蝋梅を眺めたり、何の変哲もない人々の暮らしを偲んだり、とにかく田舎道を歩くのである。

Img_8989

やがて長福寺に着いて、そこから寺の裏山の「46億年の地球の旅」を辿るのだ。

Img_8991

その460mの最後の3cmほどが私達人類の歴史なのだが、ともあれそこは寺の裏庭で、

寺では住職が囲炉裏を温めて待っていてくれた。

Img_8995

総勢12人ほどが、それぞれの人生観を語り合いながら、時は賑やかに過ぎていく。

Img_8998

歴史とは、宗教とは、我儘とは・・・・話はあちこち飛ぶが、それぞれが見つめているのは自分の心底だった。

Img_8999

それはそれ、人生を6~70年もやってれば、見えなかったものがそろり見えてくるのである。

Img_9000

囲炉裏には赤々と炭火が燃え、その上には美味しい食材が油を滲ませている。

Img_9001

住職の奥さんが琴を奏で、しばし幽玄の世界に浸ったり、「カッ」とばかりに現実に戻ったり、

Img_9003

酸いも辛いも訳知った皆さんだけど、それぞれが自分と向き合う時間が流れていた。

Img_9007

人生は故意に無理することはない、ありのままに、思いのままに生きれば良い。

ただ、その人生が「自分の納得のゆく、そういう自分になれば良い」のである。

Img_9008

だけど「自分の納得」って、それは容易じゃないよね。

私なぞ、その納得の三分の一も生きちゃいないし、やり残してることが山ほどもある。

Img_9009

人生がこんなもんだと分かってりゃ、もっと別な生き方があっただろうし、でも、俺はこういう人生を生きちゃったって思いだね。

Img_9011

今になって、少しは取り返そうってシャカリキになっているけど、でも、それが俺の人生だな。

Img_9013

せめて「晩年は、納得できる生き方だった」って、納得できるように生きたいと思っている。

|

« 地球の46億年と私達 | トップページ | 春立ちぬ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。

楽しい
充実したひと時
ありがとございました。

お互い
納得の人生を生きよう・・・
そして
後悔のない生き方をしよう・・・

投稿: ヒロボー | 2018年2月 3日 (土) 20時49分

 この井戸端談義も、もう五年目になりました。かと言って、その真髄が深まったかと言うと、必ずしもそうではありませんが、まぁ~人間とは、そう簡単に変われるものではないようですね。
 大切なのは、しゃべるよりも人の意見に耳を傾けるという、真摯な気持ちでしょうね。すると、思いがけない人生のヒントが、そこにはあったりしますからね。
 ともあれ、今回もお世話になりました。
              山草人

投稿: 山草人 | 2018年2月 4日 (日) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66353609

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の納得:

« 地球の46億年と私達 | トップページ | 春立ちぬ »