« 失せざる花 | トップページ | 春を待つ »

2018年2月21日 (水)

泰然とアクティブに

何時ものように山を走っていると、山には不似合いな杖を突いた爺さんに出会った。

年の頃80歳近いかと思える風体で、やや小太りの人の良さそうな人であった。

Img_9066

弱った足腰を何とかしようと山に来たと言いつつ、ランニングの私を凄いすごいと繰り返す。

年齢を伺うと何と私と同じ年だと言われ、「この爺さんと、俺は同じ?」と少しショックだった。

Img_9070

だが私とて、生活習慣や体力を別とすれば、顔の皺や頭髪など、同じ様なものなのかも知れない。

しかして同じような年頃の人達は、日頃あまり顔を見ることもないが、何をして過ごしているのだろうか。

Img_9072

今時の老年者は、ITの進化にもついていけず、老年者らしい冷静さを装いつつも、実は不安で一杯なのではないか。

行動を起こしたくともその術を知らず、TVの前の産業廃棄物(捨てるに捨てられない)と化しているのではないか。

Img_9074

本来年寄りは、豊富な経験と言う財産をもって、視野だって若いものよりずっと効くはずだし、

人を見る目、或いは物事をより的確に評価できる力を持っている筈だ。

Img_9077

しかるに今時の若い者は、テクノロジーのテンポの速さの故に、年寄りなど相手にはしない。

泰然と落ち着き払っていたとしても、世の中のテンポがその年寄りを素通りしてしまうのだ。

Img_9093

多分あの爺さんも、止むにやまれず山を歩こうと思い立ったのではないか。

内心「爺さん、時既に遅しだよ」と思ったが、人間歳を経て泰然とするのは当然として、

Img_9094

歳を取ればとる程、アクティブに行動しなければならないと思っている。

大変だなぁ~、嫌だなぁ~ではなく、まだまだ俺にも出来るのではないかって心意気だ。

Img_9096

とは言えそれにも限度はあって、私は80歳になるまではも基本的にアクティブでありたいと考えている。

泰然と過ごすのは、(仮に生きていれば)それから後のことだなぁ~。

|

« 失せざる花 | トップページ | 春を待つ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66418203

この記事へのトラックバック一覧です: 泰然とアクティブに:

« 失せざる花 | トップページ | 春を待つ »