« I'm in a pickles. | トップページ | 歳月 »

2018年3月21日 (水)

精一杯ということ

せっかくの人生だから、何時かは終わりになる人生なんだから、それは満足して生きたい。

そして人が生きるとは、自ら考えて行動し、目標に向かって努力を積み重ねることだ。

Img_9522

ただ単に食べて寝て生きたというだけならば、犬や猫と変わりない生き方になってしまう。

仮に結果が出なくても、自分を極めようとする努力、その道のりにこそ価値があるのではないか。

Img_9446

そくてそれは、年齢などおよそ関係なく、その最後の時まで続くものだと思う。

団塊の世代が次々と大きな峠を越えて、いよいよ老境に至ろうとしているのだが、その多くが、どうも人生の現役を退いたかのような顔をしている。

Img_9445

行動半径がどんどん縮まって、もう…半径300mの人と時たま顔を合わせるのがやっとだとか何とか…。

70歳そこそこで如何とも切ない話だが、人は何故生きるのか忘れてしまったかの様ですらある。

Img_9437

人は少しでも働いて(働くとは、ハタを楽にすることだ)、前向きな行動をすることで生かされる。

Img_9436

それと自分の可能性を極めるってことを忘れないことだ。

もう良いやとか、年寄りの冷や水なんてのは大昔の事で、今じゃ出来ることが山ほどある。

Img_9434

この私だって70を超えてなお、月間に山の中を250k走って、尚且つ砂漠250kレースに挑戦するんだから、それは推して知るべしだろう。

Img_9432

ともあれ、来週はナビブの予行演習のつもりで、熊野古道170kを6日間で走破する予定だ。

出来ることはすべて、やってそれで結果を残せなかったとしても、それは自分なりに納得できるだろう。

Img_9431

いずれにしても平均寿命まで残すところ12年、精一杯生きてやるぞぉ~って気持ちだ。

この歳になっても、たった一本の後戻りできない道だから、目標に向かって歩み続けたいと思っている。

Img_9430

|

« I'm in a pickles. | トップページ | 歳月 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66522128

この記事へのトラックバック一覧です: 精一杯ということ:

« I'm in a pickles. | トップページ | 歳月 »