« 苦労など何のその | トップページ | 自分にとっての価値 »

2018年3月 7日 (水)

エクスペリエンス

我が家の河津桜が満開で、おまけに結球しなかった白菜からするするっと菜の花が覗いています。

スギナもあちこちで顔を出して春本番の到来を告げ、畑も春支度を急いている。

Img_9366

だから私も、明日からの雨を前にして、今日の一日を幸せなほどよく動いた。

何時ものほうれん草の収穫を終える頃、注文していた2tの堆肥が届いて、早速この堆肥を

Img_9367

ブドウの各部屋にたっぷりと運び入れ、今年の芽吹きを催促する作業をしたんだ。

実は先日来の暖かさで、ブドウの水揚げ(芽吹きに向けての活動)は始まっていて、

Img_9341

今日の潅水並びに堆肥施用は、一斉の芽吹きを促す作業なのだ。

今は枯れ木同然の姿だけど、この一か月ほどで見違えるブドウ畑に変身するのである。

Img_9340

朝早くから動き回って、午後五時過ぎに全ての作業を終え、何とも言えぬ充実感を覚えた。

そう・・・充実感なのだが、生きているっていうか、幸せだなぁ~って感じなんだ。

Img_9346

それに、程よい疲労感が伴っていて、今日一日をたっぷりと燃焼したわいって思いかな。

そうだなぁ~、今日の作業が今シーズンの豊作に繋がるっていう高揚感かも知れない。

Img_9344

ホウレンソウは四月中旬まで収穫が続くけど、今月が作物のバトンタッチの時期って訳。

だから明日は、キュウリとオクラ、それにリーフレタスの種を蒔く。

Img_9342

明後日、雨が止んだらサラダ牛蒡に春大根、それにニンジンの播種が待っている。

年年歳歳季節は巡り来て、その季節に体が機敏に反応していることが嬉しいのである。

Img_9343

今年の河津桜は殊の外赤色が鮮やかで、この一年のメリハリの強さを予感させる。

春の訪れは、私達の細胞一個一個の働きすら活性化させるのではないかと思う。

今日は、この春の到来に乾杯しようと思う。

|

« 苦労など何のその | トップページ | 自分にとっての価値 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66470753

この記事へのトラックバック一覧です: エクスペリエンス:

« 苦労など何のその | トップページ | 自分にとっての価値 »