« 心地良く静岡マラソン | トップページ | 苦労など何のその »

2018年3月 5日 (月)

我が身に孤独力

今日は家族と子供達以外誰とも会わず、ずっと一人で過ごした。

仕事はと言えば、ホウレンソウの収穫から播種床づくり、そして今シーズン最後の種まきであった。

Img_9155

雨の一日でもあるし、ずっとハウスの中での一人作業である。

Img_9159

外部との接触はと言えば、時折さして意味のないメールが入るくらいでおおむね孤独である。

こういう時こそ、心中は気儘な空間をただよって、とりとめもないことを考えている。

Img_9162

水に気体と液体、そして個体の三態があるように、人間にも三態があるらしい。

Img_9181

先ずは他人と関わる自分、二つ目は外に向かって意識を向けている自分、三番目は一人己と向きあっている自分だ。

そして人間の本質部分は、この自分との対面の中にある。

Img_9184

私自身多くの人達と関わって生きてはいるが、やはり自分の姿は孤独の中にあると思う。

Img_9188

それは仲間の存在は大切だが、生きるのも死ぬのも、走ることだって基本は一人だ。

況や人の尻を追いかけたり、意味もなく追随するのは嫌いだし、只のおしゃべりも趣味じゃない。

Img_9189

仲間とは、同じ思いで何かを成し遂げることで共有する心の動きだ。

Img_9190

人は年と共にどんどん孤独になるものだし、その分自らの孤独力を鍛えなくてはならない。

Img_9196

而して我が孤独力はまだまだだが、自分と言うものが少しずつ見え始めている。

孤独は魂の力量を強化すると言うが、とてものこと、そんなレベルじゃないけどね。

Img_9199

|

« 心地良く静岡マラソン | トップページ | 苦労など何のその »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66463397

この記事へのトラックバック一覧です: 我が身に孤独力:

« 心地良く静岡マラソン | トップページ | 苦労など何のその »