« 精一杯ということ | トップページ | 挑戦と妥協と »

2018年3月22日 (木)

歳月

昨日は寒い一日だったが、間違いなく春分の日で、細君は雨の中在所の墓参りに出かけた。

夫々の親は一人二人と他界し、残るのは93歳になろうとする私の母親だけである。

Img_9429

いずれ世代交代が進んで私達の番になる筈だが、不思議なことに自分では永遠に生きると思っている。

ともあれ、早いもので親爺が83歳で死んで、もう真ん丸11年になろうとしている。

Img_9427

昼間に親爺を思い出すことはめったに無いが、やはり夢には頻繁に登場する。

父親などは哀れなもので、私もそれほど親爺の影響を受けたとは思っていないのだが、

Img_9426

何時の間にか風貌は似てくるし、考えることだってそれほど変わってはいないようだ。

その親爺だが、戦地で何度も死にそうになって、やせ細って復員し、そして私が生まれた。

Img_9425

復員して直ぐに祖父が亡くなり、弱冠二十代の夫婦が家を背負って働いた。

当時の事だから、農作業は肉体労働に依存せざるを得ず、原始的農業に心血を注いだ。

Img_9424

子供の頃の私は、その父母を少しでも助けることで、自分の心を養っていたようだ。

今なお頑張ろうって気持ちがあるのは、あの頃の経験(小さな子供が果たした役割)があるからこそだと思っている。

Img_9423

今じゃ誰も信じてくれないが、あのオシンの生活とさほど変わらなかったのではないか。

その一見可哀そうだった子供が、もう既に70歳にもなって、世界をまたに遊びまくっている。

Img_9421

それが出来るのも、93歳になろうとする母親が元気なおかげで、彼女は毎日自分のできる仕事を探し回っている。

草取りや掃除に始まって、新聞記事の注目点までもこの息子に伝えようとするのである。

Img_9420

人間が生きるとはかくあるべきと、彼女はそう信じて毎日を暮らしている。

いや私も遊び回っているだけではなく、それなりに仕事はしているのだが、そうだなぁ~

Img_9419

私の場合は仕事も遊びであって、人生を謳歌していると言ってよかろうか。

そういう意味で、自分の命を燃焼させられるステージを共有しているのである。

Img_9418

歳月人を待たずと言うが、その過行く歳月を精一杯謳歌しているのである。

|

« 精一杯ということ | トップページ | 挑戦と妥協と »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66526156

この記事へのトラックバック一覧です: 歳月:

« 精一杯ということ | トップページ | 挑戦と妥協と »