« 挑戦と妥協と | トップページ | 藤原岳へ »

2018年3月24日 (土)

明弁の知

人は、自分の見たいもの(関心のあるもの)をだけ見るという性癖を持っているようだ。

だから数人が同じような景色を見ていたとしても、それぞれに見えているものが違っている。

Img_9525

逆に言うと、自分の感心を意図的にある方向に向ければ、目標とする情報はどんどん集まるって訳だ。

そこで大切になるのは言葉の力であって、「〇×を実現するぞッ」って明弁すれば、体全体がそっちの方向を向くってことになる。

Img_9526

自分の目標へと自分を駆り立てていく、利口なやり方である。

Img_9528

私もこのブログを書くこと(一種の明弁)で、自分をコントロールしてきた面が少なからずある。

多くの仕事に直面したとしても、「まず、これを片付けよう」って決めて明言することが肝心だ。

Img_9524

仕事でパニックになりそうな時だって、そうやって難局を乗り切ってきたような気がする。

Img_9530

ともあれ、自分は自分で創るってことだが、これを考えたのは今日の勉強会でのことだ。

今日の教材は、修身講義録の25講~27講で、テーマは仕事の処理と成形の功徳である。

Img_9531

例によって午前中はお互いの近況報告と、それに体を動かすことである。

Img_9533

ランニングに出たのだが、途中から近くの菰張山(614m)に登ることになって、何時の間にか藪漕ぎになってしまった。

その山から脱出して、今度は山桜の下での昼食となった。

Img_9534

細やかな食べ物を分け合ってひと時を過ごすのだが、これが勉強会の楽しみでもある。

Img_9536

午後は講義録を順次朗読し、「成形の功徳」などについて、ソダネーっと納得していた。

この勉強会は、日頃考えていたことを改めて整理できる機会でもあって、それに参加メンバーも少しずつ成長している。

Img_9540

発言することだって心の底からの声になっていて、つまり本当の人生の勉強会になっている。

Img_9544

そして今日は、勉強会の最後に葛布の滝を訪れ、来月の再会を約したのである。

|

« 挑戦と妥協と | トップページ | 藤原岳へ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

毎回いつものメンバーが集まってくる勉強会。
ランの後の楽しいお弁当。
そして午後からは難しい勉強が始まり、解らない字があるとみんなに教えてもらい、その意味を考え。
独りでは絶対に出来ない勉強が皆と一緒なら楽しく出来ます。
そう、最初の事を考えれば少しは成長したかな?(笑)

投稿: さくら | 2018年3月24日 (土) 20時48分

 今日の勉強会、また一歩前に進みましたね。勉強会は、そこで楽しむのも大事だけど、やっぱり「じゃ自分はどうする」ってことにならないとダメだっていつも思っています。
 それで、皆さん確かに前進しているわいって思ってね。もっとずっと若いうちから勉強しときゃ、良かったんだけどなぁ。
                山草人
              

投稿: 山草人 | 2018年3月24日 (土) 21時05分

自分の見ている景色と、他の人の見ている景色は違う。
しかし、他人の気持ちになって考えると景色が変わって来る。
世の中の不平不満は何かと比べることに寄って自分で思ってしまう。
全てのことは自分の心が決めること。
浜松市に合併した佐久間に暮らして、不便だナ~と思う。
それも自分が思う事。
しかし、実際に不便。他人にバカにされると泣けてくる。
まだまだ修行が足りない私です。

先日は
ありがとうございました。
先輩方の生き方が目標です。

投稿: しんしん | 2018年3月27日 (火) 06時31分

 そうですね、物は思い様、見方次第と言うことになるでしょうね。
 そして肝心なことは、そいつをどう変えていくのかってことと、その戦略ではないでしょうか。特に地域を変えることは、一人できることでではありません。仲間を集めることですね。
 傍観者の見方かもしれませんが、仲間が集まって行政を動かすことが肝心だと思います。
              山草人

投稿: 山草人 | 2018年3月27日 (火) 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66533141

この記事へのトラックバック一覧です: 明弁の知:

« 挑戦と妥協と | トップページ | 藤原岳へ »