« 私は私 | トップページ | 言葉どおり »

2018年4月10日 (火)

これが私の人生

それは成る様になってきたというか、言い方を変えれば惰性で生きてきた人生かも知れない。

何かになろうって熱望して、それが実現したって訳でもなく、コレッて特徴もなく生きてきちゃった。

Img_9272

のめり込むような趣味もなく、職場で出会った女と適当(ビジョンもなく)に結婚して、平凡に父親役をやって、それが卒業する頃には初老に至っていた。

いやなに、その時々で自分なりに謀反を起こしてはいたが、とどのつまり平凡な日々が続いて今日に至ったって訳だ。

Img_9262

それを特別不満だと言う気はないが、なぁ~んか物足りないって気持ちが残った。

もっとこう特別に熱烈な恋愛をしたり、冒険に溢れたドラマチックな生き方だってありぁ~しなかったか。

Img_9260

もっとも、内気で小心な百姓の息子が、アランドロンのドラマみたいなのを演じるのは所詮無理だな。

だけど私は子供の頃からかなりの夢想家で、あれこれと馬鹿な空想をするのが好きだった。

Img_9259

その中身は覚えていないが、現実からのありようもない一種の逃避だったかも知れない。

大学に入って自由を得、当時流行りの左翼に傾倒したりもしたけど、それだけだった。

Img_9258

そんな夢から少しずつ離脱するのが、私の大人になる過程だったと思う。

就職してからは正に現実の連続で、夢を見ることはまずなくなった。

Img_9257

そうして四十数年、人生の重要な時を過ごしたんだけど、充実してはいたけど何だかなぁ。

Img_9253

夢中で生きてきたんだけど、過ぎ去ってみると何だか物足りなくも思う。

Img_9252

それで遅ればせながら古稀を過ぎてから、俺に何ができたのかって確かめようとしている。

既に時遅しなのは承知だが、それでも敢えて青春を演じようとしている。

Img_9250

そうだよ、あのドン・キホーテだって大真面目で人生に取っ組んでいたんだしね。

|

« 私は私 | トップページ | 言葉どおり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66596220

この記事へのトラックバック一覧です: これが私の人生:

« 私は私 | トップページ | 言葉どおり »