« これが私の人生 | トップページ | 身のこなし »

2018年4月11日 (水)

言葉どおり

テンポの速い春で、もう既に2月半ばになんなんとしている。

ナビブ砂漠レースで半月も留守にするんで、気ばかり焦って一日が終わってしまう。

Img_9843

一番の気がかりはブドウ達の世話で、援農の申し出もあるのだが、やはり難しいだろう。

今年の発芽はメリハリが良くって、きっと豊作になるパターンだ。

Img_9844

それに品種格差が例年になく際立っていて、デラウエアは既に果房整理の段階だが、ピオーネなどは芽を出し始めたばかりだ。

Img_9829

毎日ブドウのハウスで二時間余を過ごし、芽欠きやらをしながらその彼女らと会話している。

だが私が留守になることは、(潅水や身繕いの担い手が定かでなく)未だ話すことができないでいる。

Img_9825

最悪の場合は、この15日間何とか耐えてくれるのではないかとさえ思っている。

Img_9823

ところで今日は、自分の言葉と行動のことを書こうとしている。

元来が優柔不断で三日坊主が当たり前だった私が、何とか一人前に生きてこれたのは言葉のお陰だと思っている。

Img_9821

四十歳の頃、自分の人生を変えようと思って、その手段にしたのが言葉だった。

Img_9820

それは、自分の決めたことを口外して、自分自身にも言い聞かせることだった。

例えば、毎日朝五時に起きて1時間走ることにしたのだが、それは真っ暗な冬の朝は辛かった。

Img_9817

それでも約束したことはやらねばならず、実は今日に至る私のランニングの歴史はそうして始まった。

Img_9811

一事ヶ万事で私が曲りなりにも元気で今日あるのは、言葉による自己コントロールの賜物だ。

どうやら言葉と言うものは、脳の自律神経系に敏感に反応するらしく、確実に体をその方向に仕向けてくれる。

Img_9810

折に触れて溜息をつく人がいるが、私は「あぁ~、この人は駄目だな」と思ってしまう。

Img_9809

それは、自分で自分をダメな方向に引き込んでいるのが歴然としているからだ。

今の私は職場を離れて直接的なインターフェイスは少なくなったが、既に4,400日になろうとするこのブログが、そのアナウンスメントの役割を果たしてくれている。

Img_9807

そう・・・、言葉どおり生きる為に、私はブログを書いているのかもしれない。

|

« これが私の人生 | トップページ | 身のこなし »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66599503

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉どおり:

« これが私の人生 | トップページ | 身のこなし »