« 石畳 | トップページ | Lucky charm »

2018年4月 1日 (日)

伊勢路五日目は、三木里から熊野市までの26.5kである。

それも峠に次ぐ峠で、ヨコネ道、三木峠(標高250m)、羽後峠(260m)、曽根次郎坂太郎坂、

Img_9703

二木島峠と250~270mの峠が続き、更に逢神坂峠、大吹峠、松本峠を越えたのである。

Img_9704

峠道はいずれも急傾斜の苔むした石畳で、進む速度は時速2km位になってしまう。

その一つ一つの峠を上りながら、峠は大変なモチーフではないかと考えていた。

Img_9705

峠自体は、一歩一歩を根気良く登っていけば、何時かは頂上の尾根の明かりが見える。

Img_9706

そして峠の向こうの新たな世界へと入っていくのだけど、これは私達の歩いている人生と同じだ。

司馬遼太郎の代表作の一つに、河合継之助の生涯を描いた「峠」がある。

Img_9707

その峠は三国峠と呼ばれる信越の山道ではあるが、小説は河合の人生の峠を次々と描写していく。

Img_9708

そして最後の峠は、官軍の軍監であった岩村清一郎との小地谷での談判であった。

小地谷会談は彼の一生一代の峠だったはずだが、会津藩の謀略などもあって、越後長岡藩はあえなく滅びへと追い込まれてしまう。

Img_9710

峠の向こうを想像して、努力もし、何とか血路を拓こうとするのだが、人生は必ずしも計算通りにはいかないのである。

Img_9711

曽根次郎坂太郎坂の峠を越えて二木島の村に降りると、もう十二時をかなり回ろうとしていた。

何処かに店は無いかと尋ねると、店じまいしつつある巡回販売車を教えてくれた。

Img_9712

その軽トラを引き留めて、秋刀魚寿司や飲み物を買って昼食にしたのである。

Img_9713

漁港で働くお母さん達がレジンの座布団まで譲って下さって、車座になって疲れを癒やすことができたのである。

しかし峠はまだまだ続く訳で、明るい内に宿に辿り着けるのか心配しながら、逢神坂峠への急階段を上っていった。

Img_9714

この「逢神」だが、由来は伊勢と熊野の神様に出会うところと言う意味らしく、実に心地良く整備されていた。

Img_9715

この峠の石畳普請は、紀州藩五代藩主・後の八代将軍吉宗によって整備されたと伝わる。

Img_9716

その峠の坂を下りると、今度は波田須神社に通じる比較的平坦な道になって、その途中に徐福茶屋があった。

Img_9717

崖の下には、秦の始皇帝の命によって不老不死の妙薬を求めて渡来した徐福の墓石(?)を祭る宮がある。

Img_9719

真偽のほどはともかく、何らかの徐福の足跡があるのだろうが、その崖上の茶屋に立ち寄った。

Img_9720

美味しいコーヒー(徐福の妙薬)を頂いて鋭気を養い、大吹峠を越えると、この日最後の峠が松本峠である。

この峠の頂上には、少し大きなお地蔵さまが建っている。

Img_9724

そして江戸時代のはじめ、この地蔵を妖怪と勘違いした鉄砲打ちが発砲したらしく、

地蔵の足元にはその鉄砲の弾痕が残されていた。

Img_9725

ともあれ、私達はやっと熊野市に至り、和歌山県入り(これまでは三重県)したのである。

そしてこの最後の夜は、150k余の旅路を振り返って、お互いにこの古道の意味を噛みしめていた。

|

« 石畳 | トップページ | Lucky charm »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

峠・・・峠の熊野古道伊勢路で
大変でしたが
その
石の階段、石畳みがすばらしかった。
でも
厳しかった。楽しかった!

最終日前日の
この写真が最高です。

熊野古道は
想像以上にすばらしかった。感謝

投稿: ヒロボー | 2018年4月 1日 (日) 22時10分

 この8人の仲間に恵まれて、熊野古道を辿ることが出来て、何よりの喜びが込み上げてくるようです。ウルトラランナーにとって、170kくらいは平気なはずですが、この伊勢路は峠から峠への旅路であって、いささか勝手が違いました。
 でも、重たい荷物を背負って、歩き続けられたのは正に仲間の存在でした。この6日間、様々なことを話し、笑いながら辿ったのだから、誰一人大変だなんて言いませんでしたよね。私も、大分饒舌になっていたようで、いささか女性陣に誤解されたようだけど、その正体は、見たまんまの控えめな男にすぎません。
 あの石畳の一段一段は、私達の人生の一歩なのです。そいつを踏みしめて、とうとう170kを辿ったのです。
                山草人

投稿: 山草人 | 2018年4月 2日 (月) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66555228

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 石畳 | トップページ | Lucky charm »