« エイジレス社会なれば | トップページ | 「いい歳」なのだ »

2018年5月30日 (水)

梅雨空恋し

やっと梅雨入りしたのかどうか、晩方になって少し雨が降り始めている。

降り続く雨に木の葉が濡れて枝がたわみ・・・と言いたいのだが、ここ暫らく雨らしい雨がない。

Img_0375

畑はカラカラで、子供達のために準備した芋畝もマルチ被覆が出来ないでいる。

キュウリやナス・ピーマンなども毎日潅水してやっと生きてはいるが、例年のあの瑞々しさとは程遠い。

Img_0376

という訳で、梅雨入りを心待ちにしていたのである。

Img_0377

だが雨が降りそうにないので、午前中は夏大根とスカーレット・オハラと言う赤大根を蒔き、

更にアスパラガスの根茎を植え、しっかりと潅水をしたのである。

Img_0378

何事も種をまかねば始まらない道理で、畑に空白が出来る度に、今度は何を育てようかと思案する。

特にこの時期、玉葱や馬鈴薯の収穫後に導入できる作物が限られるのである。

Img_0379

ブドウは、遅れていた管理作業が何とか追い付きつつあって、少し落ち着きを取り戻している。

Img_0380

今はもっぱら摘粒作業で、一房ずつその根気のいる作業に精を出しているのだが、揚げた腕が鬱陶しくなって1時間の継続が限度だ。

Img_0381

ともあれ、朝昼晩とこの作業をやって、何と房らしい何とか姿が出現し始めている。

そんなこんなだが、早生のデラウエアはもう暫らく(20日ほど)で色付き始めるだろう。

Img_0384

それに嬉しいことに、(ウリハムシから守ってきた)スイカやカボチャが雌花を付け、あの夏の賑わいを準備してくれている。

Img_0385

玄関脇に植えてあるヤマホウシが咲き誇っていたが、その白い花も終わりを迎え、梅雨待ちの姿勢になっている。

年々歳々、こうやって私の初夏が過ぎて行くのである。

Img_0387

|

« エイジレス社会なれば | トップページ | 「いい歳」なのだ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66776089

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨空恋し:

« エイジレス社会なれば | トップページ | 「いい歳」なのだ »