« 梅雨空恋し | トップページ | 手持ちの時間 »

2018年5月31日 (木)

「いい歳」なのだ

姪が結婚するってんで、旦那を連れて挨拶にきた。

と言ってももう35歳になるらしいから、ぎりぎりのタイミングではある。

Img_0388

一緒に食事をしながらナビブ砂漠を走ってきた話をし、ついでにそこに参加していた人達の生き様、つまり人生論に話が及んだ。

ラプラプ最中の二人だが、その辺りから二人とも目が点になっていた。

Img_0389

最後に「人生ってのは、今、ここ、自分だから・・・・」って言うと、ハァーと深くため息をついた。

お祝いのつもりが、少しくお説教的になっていたようである。

Img_0390

ところで「老」と言う漢字は、腰を曲げて杖を突く年寄りの姿を現しているらしい。

30年前はともかく、今時(肉体労働から解放されて以降)腰を折り曲げた老人など希少だ。

Img_0392

増して、日本人(特に女性)は年齢よりも若く見える人種で、かてて加えて平均寿命だって世界一である。

実際に見た目だけでなく、体の中身も若くって、身も心も老けない人が増えているのだ。

Img_0394

そして思うのは、人生には時間とともに醸し出すもの、歳を経なければ味わえないことがあるってことだ。

そう…例えば、このブログに書いていることだって、40代の頃には思いもしなかったことだ。

Img_0395

彼ら二人は「今を、謳歌しているんですねぇ~」と嘆息していたが、確かに古稀になったら、否、歳とるってことは良いことばかりじゃないかって気が付いた。

その良いことの幾つかを挙げると、

Img_0396

〇毎日会社に行かなくても、好きな時に好きな仕事をすりゃ良いこと。

〇あくせく働かなくても、決まって私の口座にお金(年金)が振り込まれること。

〇気が向かない人と、無理して付き合うなんて必要がないこと。

〇何でもできる暇と金があって、それを企画・実行できる体力があること。

〇異性とも気軽に付き合いできるし、あまり気を遣うことも無くなったこと。

Img_0391

そう…簡単に言うと、(額に汗しなくても、食べるにゃ困らないって意味で)王侯・貴族の暮らしに近いのではないか。

つまり「いい歳」なのである。

|

« 梅雨空恋し | トップページ | 手持ちの時間 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66779490

この記事へのトラックバック一覧です: 「いい歳」なのだ:

« 梅雨空恋し | トップページ | 手持ちの時間 »