« 今を思う | トップページ | 汗の力 »

2018年7月18日 (水)

By all means fall in love

超高齢化時代に突入しつつあるが、どうも長寿そのものがあんまり歓迎されていない。

年金問題やら長患いの高齢者が多いといった要素、それに老々介護やボケへの恐怖などもあって、長生きが少しばかり不安なんだろう。

Img_0877

だけど、せっかくの長寿が許されるなら、なべて爽快に生きたいと思う。

私も古稀とはいえ、まだまだ先は長かろうと思いつつ、その方途をいつも考えている。

Img_0875

それで先日、スタイリッシュ・エイジング(格好良く歳を取る)なる言葉に出会った。

その旗を掲げたのがリズ・カーペンターという女性で、米国の大統領秘書だった人だ。

Img_0854

そして彼女は、カーペンター三則を提唱している。

歳をとったら①招待を断るな(Never pass an invitation)

                 ②どんどん人をもてなせ(Entertain a lot)

                 ③何が何でも恋をせよ(By all means fall in love) の三則である。

Img_0815

一見脈絡がないようにも見えるが、要は人と積極的に関わって生きろってことらしい。

普通は歳とともに出掛けるのも、人を招くのも面倒になるし、次第に社会性を失っていく。

Img_0813

増して「恋をせよ」と言われても、いったい誰に恋すりゃいいのってことになりかねない。

これを我が身に照らして考えてみるのだが、先ず誘われれば基本的に断ることはない。

否、多少の無理があっても、物理的に可能な限り参加して、結果として素晴らしい体験を重ねている。

Img_0812

逆の招待だが、残念ながら主体的な招待・企画は近頃とんとんご無沙汰している。

そして恋だが、私は惚れっぽいというか、次から次へと会う人みんなが好きになる。

Img_0811

それは昔(若い頃)分からなかった人の魅力が、年季のおかげで見えてきたってことが大きい。

つまり、何が何でもなんて力まなくっても、気が付くとほのかに恋をしているのである。

Img_0814

もっとも何時も片思いに終わるのだが、その人を好きになるって感情は気に入っている。

という訳で、この三則を生涯の座右にしようかしら。

|

« 今を思う | トップページ | 汗の力 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66954595

この記事へのトラックバック一覧です: By all means fall in love:

« 今を思う | トップページ | 汗の力 »