« 多少是非無人知 | トップページ | 四方山な予感 »

2018年7月 1日 (日)

ランにもそれぞれの人生

今日は、石巻登山マラソンに出かけた。

豊橋の山側の一番奥まったところにある石灰岩の山(358m)で、かつての山城跡でもある。

Img_0750

その山裾に石巻神社があるのだが、その神社の宝物は大般若経の600巻と記されている。

Img_0751

神仏混交の名残なのかどうか、れっきとした神社に経典が収蔵されているんだから、日本人の感性の一端が知れる。

ともあれ私達は、その神社の脇をスタートして、石巻山を往復(二度登る)するのである。

Img_0753

急な登り下りに加えて、むしむしする暑さだから汗腺は全開で、気持ち良い位に汗をかく。

Img_0754

距離こそ16k余とさしたることは無いが、その距離をそれぞれがマイペースでかけていく。

その間にお互いが二度ほどすれ違う訳で、その顔を合わせる際にお互いの人生が垣間見えるのである。

Img_0755

勿論喘ぎながらあ懸命に走る人もいるが、基本はマイペースで、不思議にその走り方にその人の生き方までもが投影されている。

Img_0756

そうしてゴールした後には、風呂と懇親会が待っていて、その各人がそれぞれのスピーチをするのである。

そのスピーチにも、日ごろの生き様が滲み出していて、ふぅ~ん・そうかぁ~と実に面白い。

Img_0757

実はこの大会、もう既に四十年以上続いていて、そうしたアットホームな雰囲気を楽しむ人たちが集まる。

Img_0760

私もその一人で、今回で7回目になった。

Img_0761

フルマラソンやウルトラも勿論面白いが、常連か集まるこの大会は一味違う気がする。

Img_0765

走って汗をかいて集って、人を知る・・・・何だかホッとするような一日であった。

Img_0766

日差しはじりじりと刺すようで、明日辺りにはこの地域も梅雨明けになるのではなかろうか。

Img_0770

|

« 多少是非無人知 | トップページ | 四方山な予感 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/66890394

この記事へのトラックバック一覧です: ランにもそれぞれの人生:

« 多少是非無人知 | トップページ | 四方山な予感 »