« ただ心ひとつ | トップページ | 今日は本宮山へ »

2018年8月18日 (土)

有明山へ

有明山は、信州は北アルプスの一角、燕山の程近くにある200名山の一峰である。
標高は2268mで急登で知られる山でもあるらしい。

Img_0151

午後23時頃には安曇野に入り、そこから10k余りくねくねと登っていくと有明山荘に着く。

Img_0152

既に24時近くになっていて外気温は8度、目的地に着いたのは良いものの駐車場も路肩も全て一杯。
この有明山荘は標高が1300mほどの所にあるのだが、その周辺は数百代の車で埋め尽くされていた。

Img_0154

それでもその寒い中を探しに探して、やっと一台が入るスペースを見つけ、ホッと車中泊。

Img_0157

そして今朝は5時に起き出して、5時半には歩き始めていた。
道路にはぞろぞろと登山者がいるのだが、その殆どが燕へ向かう人の流れだった。

Img_0158

明石山に向かうのは私達3名だけで、登山口近くで地元の人に「明石山に登るんですね」通の納得顔で声をかけられた。

Img_0166

勇んで登りにかかったのだが、それが聞きしに勝る急登で、八号目に至るまで息をつく間もない直登なのであった。
それに崩れかけた崖も多く、ハシゴや鎖・綱が整備されているものの、スリルたっぷりの登山になった。

Img_0168

それでも登り始めてから三時間半、ようやく山頂の有明神社(小さな社)に到着した。

Img_0169

山頂からは眼下に安曇野平野を見下ろされ、その向こうには燕山の威容が聳えている。

Img_0173

やはり登るのに大変な山ではあっても、いやそれだけに北アルプスの名峰に登頂したとの満足感があった。 

Img_0177

ピストンでとって返し、その途中で三段滝まで降りて、その優麗な流れをしばし眺め、今日の登山の記念とした。

Img_0178

急登・そしてその下りは、確かにキツかったけど夜を押して来て良かった。
どうやら有明山は、山登りの通の登る山であるらしい。

Img_0187

|

« ただ心ひとつ | トップページ | 今日は本宮山へ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67071383

この記事へのトラックバック一覧です: 有明山へ:

« ただ心ひとつ | トップページ | 今日は本宮山へ »