« ブログの4,500日 | トップページ | ただ心ひとつ »

2018年8月16日 (木)

鍛錬と心

今日は、地元警察署の術科訓練納会に招かれて参観してきた。
これは柔道や剣道の日頃の自己鍛錬の成果を、競技会(競技会)の形で披露するものだ。

Img_0142

しかし警察官とは言え、ハードな鍛錬を日常的に自己に課すのは大変なこと。
それをこの納会があるからこそ、目標というか、日課として訓練に励むのである。

Img_0143

そもそも対戦相手と技量が開いていれば、とてものこと怖くて打ち込みなど出来る物ではない。
その怖さを一種のバネにして、皆さんは暇を探して自分との闘いを続けているのである。

Img_0144

柔道も剣道も当然強い方が勝つのであって、技量に劣る者はそうはさせじと工夫を凝らす。
そう・・・一本を決めさせない技とか、引き分けに持ち込むとか、或いは気迫で・・・とかね。

Img_0145

今回の参加者(署長の指名だが)は、4名の女性を含む40人であった。
銃剣道に限らず、継続的に体を鍛える習慣は、必ず精神をも少しずつ強くしてくれる。

Img_0146

人間の精神などは実は脆弱な物であって、悪いことが幾つか続くだけで萎えてしまう物だ。
しかし、苦しくも厳しい鍛錬をしている者は、多少の事態では簡単に挫けることはない。

Img_0147

かく言う私だって、40歳からもう30年近く走り続けてきて、そのことに助けられたのは数知れない。
心苦しい時は走りながら考えたし、思いの他の解決策だってそれで授かった。

Img_0149

それに肝心なことは何事も継続で、とかく一時の奮起に終わって、気まぐれの所業になりがちなものだ。
この私だって強気一辺倒じゃないし、油断しているとどんどん落ち込んじゃう。

Img_0150

その落ち込む度に、こんなんじゃ駄目だって奮起するのさ。
今日は、この納会に参加させてもらって、改めて人ってモンを考えさせられたね。

|

« ブログの4,500日 | トップページ | ただ心ひとつ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67063245

この記事へのトラックバック一覧です: 鍛錬と心:

« ブログの4,500日 | トップページ | ただ心ひとつ »