« 富士の裾野 | トップページ | 僕自身の人生 »

2018年8月 8日 (水)

リブート

かつて団塊の世代が定年を迎え、一斉に退職する2007年問題が取り沙汰されたことがある。
団塊の世代が三年間でおおよそ800万人退職するってんで、それを補うのが大変って訳だった。

Img_0015

あれから既に十年、定年延長やら再雇用、ようやく高齢化社会が当たり前になりつつある。
だが、その主人公の同輩諸氏は、2007年からを如何に過ごしてきたのだろうか。

Img_0019


いやいや過ごすどころか、首長や経営者、教育者として今なお活躍している人たちもいる。
だが大方は、私もそうであるように古希を迎えて、全ての公職を退き隠居の身分に甘んじている。

Img_0024

それにもかかわらず気力・体力共に未だ余力を残し、何だか世の中の仕来りを恨めしくさえ感じている。
いやさ、何も生活に困るって訳じゃないが、心のエネルギーを持て余しているのである。

Img_0025

毎日畑を耕したり、山に登ったり、仲間と走りに出かけたり、それは結構楽しく過ごしてはいるんだけど、それでもまだ何か出来るんじゃないかと感じている。
それで、自分の人生をリブートしたいって気持ちが沸き起こったりする訳だ。

Img_0026

まだまだ俺だって・・・・ってことを確かめてみたくなるのである。
ところでリブート(reboot)とは、コンピュータを再起動させるあの作業のことだ。

Img_0028

かつて私も猛烈社員の一人で、何時も(真冬でも)腕まくりしてガツガツ仕事をしていた。

Img_0029

そんな昔の気負いはもう無いけれど、過去の経験を生かしながら、もう少し何かやってみようかって気分である。

Img_0030

果たして、ポンコツのコンピュータが上手く再起動するのかどうかは別にして、何か出来ないかなぁ~って思案している。
団塊の世代の皆さん、まだまだ人生は終わっちゃいませんぞ。

Img_0031

|

« 富士の裾野 | トップページ | 僕自身の人生 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67034733

この記事へのトラックバック一覧です: リブート:

« 富士の裾野 | トップページ | 僕自身の人生 »