« 老いの足跡 | トップページ | いい人なの? »

2018年9月 3日 (月)

老後の青春

老後のために蓄えをすると言ったのは、100歳のギンさん・キンさんだったが・・・・。
老後とは、一体何時からが老後なんだろうか・・・・と思っていた。

Img_0259

老後があれば当然ながら老前がある訳で、老いの自覚のない私は「今は老前」と決めている。  
本を読んでいたら、鈴木健二さんが「老前・老後」と言うことを書いていて、老後は75歳と決めていた。

Img_0264

何が違うかというと、幾ばくかでも働くか働かないかである。
私は70歳を境に公職を退いたが、趣味の農業は続けていて、これは体が動く限りは続けることにしている。

Img_0265

とすると、私にはひょっとして老後なんてのは無くて、女房に扱き使われて一生を終わるのかも知れない。
まぁ~それはそれで本望でもあるが、青春というのは老後にこそ花開くのではないかと思う。

Img_0269

考えてみれば、受験戦争から学園紛争、企業戦士から一斉リタイアへと続いた我が世代の、どこに青春があったのか?
前のめりに生きるのが、それが青春よと言うならば、それは少しく寂しくはないかい。

Img_0272_3

確かに老い先短いかも知れないが、今はもう自分なりにイキがって生きている。
誰の人生だって、所詮、過ぎてしまえば夢にしかすぎない。

Img_0273

夢ならばこそ、出来れば青春だって、人生の後半に来た方が良くはないか。
ずうっとずうっと下積みやってきて、やっと今自由を謳歌し、世の中の女性を美しく眺めている。

Img_0276

行こうと思えば何処にだって行けるし、思うことだって率直に話すことも出来る。
やろうと決意すれば何だって出来るし、これが青春でなくて何としよう。

Img_0277

来年の三月は、ニュージーランドのフィヨルド250kを走るアドベンチャーレースにエントリーした。
再び、世界各国の仲間と、心踊るような7日間を過ごそうと思っている。

Img_0279

 

|

« 老いの足跡 | トップページ | いい人なの? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいですね~!
お互いもう幾ばくもない人生好他人になんと言われようと好きなことをやりましょう。

山草人さんの真似は出来ないから自分なりのチャレンジを模索しよう!

投稿: かわい | 2018年9月 3日 (月) 19時22分

 そうですよ!!「もう、幾ばくも無い人生」だと思えばこそ、私達に青春が訪れるんです。
 全ては自分の人生だから、思うままにその青春を謳歌すれば良いって思っています。この世に生きていて良かったって、そう思えるように生きたいものです。
                山草人
 

投稿: 山草人 | 2018年9月 3日 (月) 20時40分

また海外レース参戦ですか、フィヨルフド寒そうですね。青春真っ盛り、私はまだまだヒヨッコかな。レーズ後またお話し聞かせてくださいね。(笑)

投稿: 掛川ノブ | 2018年9月 4日 (火) 07時09分

ノブさん、ほらサミュエル・ウルソンの詩にありましたよね。誰もが、心の奥に秘める好奇の心、希望や喜び、活力を享受している限り、人は何時までも若くある。前向きな気持ちで臨むなら、たとえ80歳であろうとも、希望と青春はあり続ける。ってね。ノブさんも、一緒に行かない?

投稿: 山草人 | 2018年9月 4日 (火) 14時36分

お誘い上手ですね(笑)

投稿: 掛川ノブ | 2018年9月 7日 (金) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67127656

この記事へのトラックバック一覧です: 老後の青春:

« 老いの足跡 | トップページ | いい人なの? »