« 畑は何だっけ? | トップページ | アンバマイカ »

2018年9月22日 (土)

遠山郷にて

あの日本のチロルとして知られる、長野県飯田市の遠山郷(アンバマイカ =遊ばまいか)に来ている。
大変な山里ではあるが、急峻な草木峠を越えれば、磐田から車で二時間少々で着くことが出来る。

Img_0636

この青崩れ峠の下にトンネルが掘られることになって、脆い地盤故長年調査が進められてきたのだが、今年やっと本工事に入ることになった。

Img_0618

開通は8年後の予定だが、このトンネルが出来れば、遠山郷までの行程は30分は縮まる。
そのトンネル工事の開始を記念して、遠山郷花のふるさと作り事業が始まっている。

Img_0619

8年後にはこの地域を花の咲き乱れる古里にしようとの企画で、私達はその最初の記念植樹に招かれたのである。

Img_0620

丁度雨も上がって植樹には絶好のタイミングで、私達は10月桜を植えたのである。
私達に続いて今後学校の生徒達などが次々と植えていくらしく、8年後が楽しみである。

Img_0621

ともあれ。植樹を終えた後は遠山の美味しい蕎麦を頂いて、その後はノルディック教室である。

Img_0623

遠山の急峻な地を巡るには、如何にもノルディックは相応しく、私達はその先駆けともなる位置づけなのである。
さてもノルディックはステックを持って歩けば良いというものでもなく、今日はインストラクターの丁寧な説明の後、5k余りその郷を巡ったのである。

Img_0624

流石にスティクも力強く歩くために作られていて、急な坂道だってスイスイと歩くことが出来る。

Img_0628_2

実は、私達は明日の遠山郷マラニック大会が目的でやってきたのだ。

Img_0629

下栗の里を始め村の各地を巡って走る訳だが、その村々に村人が待ち構えていて、私達を接待してくださるのである。

Img_0631

この地域に一人でも多くの人に来てほしい、自分たちの住む里はこんなに良いところだ、村の人達はそう言って私達を迎えてくださる。

Img_0632

今夜は前夜祭があって、正に飲み放題の郷土料理が待っていて、それも楽しみではあるのだが、更に明日の夜は後夜祭も開催される。

Img_0633

流石に私は失礼することにしているが、皆さんはこの三日間をたっぷりと遠山を味わうのである。

|

« 畑は何だっけ? | トップページ | アンバマイカ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先日、桜の木の植樹とマラニック、ご苦労さんでした。
8年後が楽しみですね。来年から毎年桜の木植樹を、町内の計画で今回同様に行うことで、参加者との繋がりが強くなり継続すれば、故佐藤良二さんの桜の道の小型版で人気が出るのではないでしょうか。事前に、植樹計画の参加呼びかけがあれば、私も参加したいです。場所と桜の木、工具は用意願う。

投稿: ウチー | 2018年9月23日 (日) 11時39分

 そうですね、ウチーさん。兵越トンネルの完成まで8年は、随分長いような気がしますが、この期間を遠山郷を熟成させる期間と考えれば、何だかウキウキするような期間にもなりますね。私達も、是非この地域(山里)を温かく見守って 見守っていく必要がありますね。要は、地域の人達の熱意と根気が基本だけどね。
                山草人

投稿: 山草人 | 2018年9月23日 (日) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67195342

この記事へのトラックバック一覧です: 遠山郷にて:

« 畑は何だっけ? | トップページ | アンバマイカ »