« 生命の波紋 | トップページ | 手前味噌 »

2018年10月21日 (日)

爽快マラニック

今日一日は満天の青空で、その空に一昨日雪化粧した富士山が聳えていた。
正に爽快な秋の一日で、三島・沼津いいとこマラニックを楽しむことが出来た。

Img_0867

このマラニックは三島の源兵衛川の疎水・柿田川の湧水を辿り、沼津アルプスの4山に登り、

Img_0870

最後は駿河湾沿いに沼津まで帰る、川・山・海の三態を楽しむマラニックである。

Img_0883

私は今回で5回目の参加だが、何時も「ここは良いなぁ~」と思う。

Img_0884

先ずは源兵衛川だが、この川は三島駅南側の小浜池の湧水から始まる川で、その中を飛び石を跨ぎながら走ることが出来るのである。

Img_0888

水は透き通って、中には三島バイカモ(水草)が緑に輝いている。

Img_0892

川は2kほど続いて温水池(農業用水とするため温める池)に達して、用水に変わる。

Img_0895

次は柿田川で、国道1号線の南側に湧水地帯があって、全国各地に湧水は多かれど、ここの湧水量は東洋一だそうで、沼津市一帯の上水の源になっている。

Img_0899

この心の透き通るような湧水地帯を離れると、今度は険しい沼津アルブスの縦走である。

Img_0901

香貫山などそれぞれの山は、さして標高は高くないのに急峻で、息を切らせて登り下りしなければならない。

Img_0902

それでも時折眼下に広がる駿河湾は眩しいほど美しく、勿論富士山の勇姿は私達を見守っている。

Img_0903

その山頂の一角で富士山を眺めながら昼食を済ませ、山を下って御用邸公園に。

Img_0905

そこからは駿河湾沿いに堤防を辿って、狩野川河口から遡って沼津ランニングステーションがゴールだ。

Img_0907

いやいや、ゴール後の席もあって、今日は駅前の寿司屋での語らいの一時となった。

Img_0910

ともあれ、いつもは結構負荷が多くて大変なんだが、今日は全体を気持ち良く走ることが出来た。

Img_0914

天気、それに体調とも相まって、すっかり秋の一日を堪能させて頂いた。

Img_0915

|

« 生命の波紋 | トップページ | 手前味噌 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました。

すばらしい天気
とても楽しい一日でした。

投稿: ヒロボー | 2018年10月22日 (月) 12時12分

 この三島・沼津いいとこは、仮に日本マラニック百選があったとしたら、多分五指に入るコースでしようね。この地域に、こんなに良い所があるなんて、近くに住む人達だって知らないかも知れない。その箱庭とパノラマを堪能できるんだから、素晴らしい。自然と人工の造形の美しさを、そして厳しさも味わって汗をかく。マラニック冥利に尽きるコースだね。色々とご苦労様でした。
               山草人

投稿: 山草人 | 2018年10月22日 (月) 18時52分

三島沼津いいとこマラニックお疲れさまでした、最高のマラニック日和真っ白な富士山最高でした、沼津アルプスきついけど、やっぱ鷲頭山そして大平山に行こうね、鷲津駅に着いて思いました。

投稿: うっちゃん | 2018年10月22日 (月) 22時19分

 とっても良い日で、心地よかったですね。鷲頭山に行かなかったから、中将岩もワレモコウも見られなかった。
 小鷲頭山の山頂にある塚は、三位中将平重衡(清盛の五男)の切腹の場とされています。平家物語では、一ノ谷の合戦で梶原景時に捕縛され、鎌倉に送られて頼朝に厚遇されたとあります。平家滅亡後、南都衆徒の要求(かつての焼き討ちの恨み)で京に護送され、木津川畔で斬首されたことになっています。それなのに、この駿河湾を見下ろす小鷲頭山に中将岩や塚があるのは、どうした訳なんだろうか?
                 山草人

投稿: 山草人 | 2018年10月23日 (火) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67298492

この記事へのトラックバック一覧です: 爽快マラニック:

« 生命の波紋 | トップページ | 手前味噌 »