« 爽快マラニック | トップページ | 足もと »

2018年10月22日 (月)

手前味噌

我が家の朝食は、決まって目玉焼きに関東風の味噌汁である。
関東風(?)と大袈裟に言ったが、大根の千切りと里芋を放り込んだ簡単な物である。

Img_0814

それが決して爽やかでも無いのだが、文句を言ったら後が怖いので忍んで飲み干している。
所詮これから成長する訳でも無く、食べ物など何でも良いと思うからである。

Img_0817

時たまホテルなどに泊まって(回転寿司でも良いが)、赤味噌などの汁が「旨いなぁ~」と思ったりする。
粗食は粗食にしても、折角の味噌汁だから、出来れば美味しく頂きたい物である。

Img_0818

子供の頃のお袋の味噌汁には、大根の薄い輪切りが入っていたが、あの味の浸みたヤツは絶えて食したことが無い。
それはそれ、人それぞれに流儀があっても良いのだが、工夫の無いのは如何ともし難い。

Img_0819

いきなり愚痴になってしまったが、今日は味噌の思い出である。
昔の在所ではどの家でも味噌は自家製で、我が家でも五右衛門風呂で大豆を茹でて、別途むしろの上で育てた麹とを、臼でついて味噌にした。

Img_0820

それを桶に詰めて薄暗いところに保存し、少しずつ出しては一年間食べたのである。
今日のように密封する資材が無かったから、空気に触れる部分は黒く変色し味も悪くなったが、何時も腹が減っていたから、味噌汁は有り難かった。

Img_0822

それも時たま、豆腐と油揚げの入った(正月と来客時の)味噌汁などは何よりのご馳走だった。
ともあれ、味噌の味は塩加減や麹などの違いで、その家によって異なっていたのだ。

Img_0824

時代は変わって、今では三河の赤味噌を始め味噌にも色々と手に入るのだが、我が家では依然として我が愛妻の手作りの味噌を食べている。

主婦の間で(暇つぶしの)味噌造りがはやっていて、その味噌を食べさせられるのである。

Img_0827


プロの作る味噌と違って、素朴な味が取り柄だが、肝心なのは真心なんだよなぁ~。

|

« 爽快マラニック | トップページ | 足もと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

思わず笑ってしまいました。(^^)
山草人さんの地域でも赤味噌だったんですね。
我が家も赤味噌が基本。具によって麹味噌などを合わせますが、貝の味噌汁はやはり赤ですよね!
赤だしでない味噌煮込みうどんを食べる所があると、知った時はビックリでした。
たまには、「僕が味噌汁作るよ」って、赤だし味噌で作ってあげたらいかが⁇

投稿: 弥生 | 2018年10月23日 (火) 11時40分

 有り難うございます。私はかなり従順な性格なんですが、それでも食い物の恨みは中々消える物ではありません。今でき神さんに飼い慣らされて、骨川筋衛門になってしまいましたが、独身の頃は丸々してたんですよ。
 そう、いよいよ男の手料理の本領を発揮する頃合いかと思っています。先ずは週一とかね。しかし内の神さんは、それを決して喜ばないんだよなぁ。
                山草人

投稿: 山草人 | 2018年10月23日 (火) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67301414

この記事へのトラックバック一覧です: 手前味噌:

« 爽快マラニック | トップページ | 足もと »