« ホメオパシー | トップページ | ある物語 »

2018年10月 5日 (金)

今日のこの日を

心配していた台風25号は幾分北に反れて、幾分の晴れ間すら見られた一日だった。
このところ日記的なブログが多くなっているが、今日はその最たる物になりそうだ。

Img_0687

と言うのも、今日は一日中動き回って、それなりに完全燃焼したと思うからだ。
毎朝の街頭立哨から帰って先ずしたことは、先日播種したダイコンやゴボウ、人参、それにタマネギに潅水したことだ。

Img_0692

大根はもう芽を出しているが、人参は小まめに潅水を続けないと、発芽は覚束ないのだ。
次はホウレンソウの潅水に続いて、今日播種する植床づくりで、これに二時間余りを要した。

Img_0694

午後は思い描いている調理のための食材調達に行き、帰ってから3時間みっちりと播種の時間だ。
ホウレンソウはかつてはバラマキしていたが、今では一本一本植溝を切り、一粒ずつ蒔いていく。

Img_0698

誠に根気のいる作業で、それでも16時には全て(約30m)蒔き終えたのである。
直ちに台所に向かい、丁寧に手を洗ってから、晩ご飯の惣菜作りに取りかかった。

Img_0701

食材はカボチャに人参、セロリー、ピーマン、それに牛肉と唐辛子である。
肉と唐辛子以外は全て千切りにし、油で炒めた牛肉の中にだし汁を入れて少し煮込むのである。

Img_0702

だし汁は、日本酒に醤油と砂糖、それにみりんを少し加えたもので、ぱっちりと思い描いた惣菜が完成した。
この調理も即興的に楽しいが、精神衛生に更に良いのが、蒔いた種が順次発芽することさ。

Img_0723

毎週播種しているホウレンソウは、順次緑の濃さを増しているし、台風で壊滅した畑だって、私の期待にそれぞれ応え始めている。
蒔かない種は生えないのであって、自分の行動が時間差を伴って、ブーメランのように広がっていくのを見るのは、それは嬉しいことなのだ。

Img_0724_2

子供達以外には、誰とも会わなかった一日だが、とっても充実した一日だったと思っている。

|

« ホメオパシー | トップページ | ある物語 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67242392

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のこの日を:

« ホメオパシー | トップページ | ある物語 »