« 箱根に遊ぶ | トップページ | 凡人は凡人なりに忙しく »

2018年11月20日 (火)

動いてナンボ

世の中は須く、如何に楽な(体を使わない)ようにするかって、そう言う視点で動いてきた。

それはそれで私達は重労働から解放され、遠くへ旅することも出来るようになった。

Img_1175

だけどその一方で、メタボや糖尿病、痛風などと動かない事による病に苦しむことになった。

Img_1178

殊に長寿化と相まって認知症が心配になるが、これも動かないことから始まるようだ。

Img_1181

本来人間は手足を使うことで知能を発達させて来たんだから、至極当然のことだろう。
この点、今日の人達は何処に行くにも車だし、エレベータにエスカレータと足を使わない。

Img_1183

いやそれどころか、手を使うのは(鉛筆すら使わず)箸とパソコンくらいになってしまっている。

Img_1185

仕事もデスクワークが増えたし、リタイアしたらもう動く理由が無くなっちゃう。

Img_1186

而して、スポーツはプロ競技はさておき、本来人間を健康にする為にある。
私の場合は、月間400k余を走ることで、足・腹筋・背筋を鍛えている。

Img_1187

足だけではまさしく片手落ちだから、午後の日課はたいてい手を使う農作業だ。

Img_1190

主な畑仕事は耕運機を使うが、ホウレンソウや葡萄の手当は全て手作業だ。

Img_1191

ホウレンソウを刈り取って、一株ずつ綺麗にして束にしていく、およそ手間の掛かる仕事だが、これを根気よく続けている。

Img_1192

いやなに、1時間で千円分にしかならないが、これが呆け防止だとすれば値千金である。

Img_1197

それも全て奥様の収入になるのだが、私には目に見えぬ収入があることになる訳だ。

Img_1198

ともあれ、一日が終われば手足は十分に疲れ、早々の就寝とあって天下太平である。

Img_1199

明日には明日の仕事が待っていて、この分では何時までも呆けている暇はなさそうである。

Img_1200

人間にとって、何もしないで過ごすほど不健康なことは無いと思っている。

|

« 箱根に遊ぶ | トップページ | 凡人は凡人なりに忙しく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動いてナンボ:

« 箱根に遊ぶ | トップページ | 凡人は凡人なりに忙しく »