« 本日も平穏なりて | トップページ | 歳月を覇す »

2018年11月28日 (水)

籤運

ランナー仲間が、京都や大阪、金沢や神戸などと、マラソン大会への参加資格を引き当てていそいそと出かけていくのを恨めしく眺めている。
私は子供の頃から籤運にはめっぼう弱く、阿弥陀籤だろうが福引きだろうが当たったことが無い。

Img_1050

東京マラソンなどは、もう二十回近く応募しているのだが掠りもしないのである。
先日は熊本マラソンに5人で行こうという話があって、・・だが私だけが落選となったのである。

Img_1051

それでも40代の頃までは、諦めきれずに定期的に宝くじを買ったりした。
しかしながら、末当の200円以上が当たる筈も無く、さすがに諦めて、この二十年は籤など買ったことも無い。

Img_1053

そもそもこの資本主義の時代は、努力してこそ願いが叶うのであって、籤などと言う発想は時代に反しているのではないか。
抽選が公平だなんて誰が考えたんだろうか、私にとっては全くの不公平なのである。

Img_1057

By the way(ところで)話は変わるが、来年のNHK大河ドラマは金栗四三さんがテーマだそうな。
金栗さんは、1912年のストックホルムオリンピックに日本人初のマラソンランナーとして出場した人だ。

Img_1059

正に日本のマラソンの父とされる人が主人公だから、このマラソンブームに一層拍車が掛かるかも知れない。
籤運に見放された当方としては、嬉しさ半分は兎も角として、何とか対策を講じねばならないと思っている。

Img_1060

高齢者参加枠を設ける運動とかね・・・、それとも既に齡70を越え、そろそろ貯まりにたまっていた運が開けてくるかも知れない。

Img_1061

その今年のマラソン大会も、来月9日の袋井メロンマラソンを残すだけになった。
出来得れば、来年に向けての気持ちの良いランにしたい物である。

Img_1064

|

« 本日も平穏なりて | トップページ | 歳月を覇す »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67428688

この記事へのトラックバック一覧です: 籤運:

« 本日も平穏なりて | トップページ | 歳月を覇す »