« 鎌倉いいとこへイザ | トップページ | 動いてナンボ »

2018年11月19日 (月)

箱根に遊ぶ

箱根は、そのおおよそが外輪山の内側にある。
外輪山が出来たのは20万年ほど前に遡り、その後の何度かの噴火で中央部に屏風山や大涌谷が誕生する。

Img_1229

観光地となるのは近世だが、旧東海道の沿線でもあって、芦ノ湖や富士山の景色、塩化物泉や硫黄泉の豊かな温泉が保養地として絶大な人気を産み出した。

Img_1230

それに北条早雲が関東を制する際の策源地であったし、秀吉の小田原攻めもこの地からで、箱根神社や関所など歴史の地でもある。
鎌倉マラニックを終えたその足で、お誘い頂いた仙石原の宿に向かったのである。

Img_1231

鎌倉から大船経由小田原へ、小田原から登山バスに乗って、二時間ほどの距離であった。

Img_1233

箱根の湯は皺が伸びるそうで、その少し熱めの湯にゆっくりと浸かって、やはりリゾートである。
翌朝は、外輪山とゴルフ場の縁を回って(徒歩で二時間ほど)、桃源台にたどり着いた。

Img_1237

途中は紅葉の最中、ゴルフを楽しむ人達を横目に、やがて眼下に芦ノ湖と箱根を一望出来るところに到った訳だ。

Img_1243

桃源台は大涌谷に登るロープウエイ、そして芦ノ湖の海賊船の発着地である。
駅は外国人観光客も含めて大変な混雑で、ロープウエイに乗るのに40分近くを要してしまった。

Img_1247

とは言え、次々と一分刻みで発着する機能的なロープウエイと仲間のお陰で、退屈すること無く過ごすことが出来た。

Img_1249

そしてこのロープウエイのスビードとロケーションが圧巻で、やはり箱根はこれに乗らなきゃならない。
幾筋もの蒸気を吹き上げる大涌谷の上を飛んで、早雲山駅まで行って再び引き返して大涌谷に降りた。

Img_1250

勿論ここではあの黒たまごを頂いて、硫黄の匂いを存分に吸い込んだのであった。

Img_1251

再び桃源台に戻って、今度は芦ノ湖遊覧の海賊船に乗った。
紅葉は既にかなり落葉したのか今ひとつで、秋の箱根は冬に備える姿だった。

Img_1253

元箱根で船を下りて、今度は慶応年間の資料を基に復元されたと言う関所見物だ。

Img_1257

この関所では入鉄砲よりも出女を厳しく取り締まったらしいが、確かにこの要害の地を越えるにはここを通る他なく、「関」としては絶好の地である。
関はともあれ、この関所の上に登ると遙かな絶景で、もう十二分に箱根を楽しんだ気分になったのである。

Img_1259

そう・・箱根には何度も来ているが、こんなにゆっくの遊んだのは初めてである。

|

« 鎌倉いいとこへイザ | トップページ | 動いてナンボ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

楽しい一日でした。
ありがとうございます。

投稿: 澄子 | 2018年11月20日 (火) 20時47分

 こちらこそ、お世話になりました。箱根には繰り返し出かけているんだけど、今回のようにゆっくりと楽しめたのは初めてでした。それで、ロープウエイゴンドラの快適さや箱根関所のホントなど、幾つかの新発見がありました。楽しめましたね。
                山草人

投稿: 山草人 | 2018年11月20日 (火) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67397554

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根に遊ぶ:

« 鎌倉いいとこへイザ | トップページ | 動いてナンボ »