« 何気もない一日 | トップページ | 平成の30年 »

2018年11月 1日 (木)

欲望プランシート

私達は幸か不幸か、自分の欲望をかなり実現できる時代に生きている。
衣食住は元より、ヘンテコな仮装をして騒いだり、月にだって行けるかも知れないのである。

Img_0916

だから目標は大事・・目的が無いと充実した人生を送れない、幸福にゃなれないって思ってた。
そりゃ~ぁそうだよね、目的地が分からなかったら、どっちへ言って良いかすら分からないもの。

Img_0918

でもそれは「生きるのに」一生懸命な頃の話で、衣食足りてなおこの期に及んで何を求めよと言うのだろう。
そもそも一生を通じて求め続ける不変の欲求なんて、性欲や食欲くらいのもので、その他は時と共にくるくる変わっていく。

Img_0919

それで、一体全体自分は何を欲しているのだろうと、気になってしょうがない。
事実この私だって、この先何を実現すべきかと、時に悩ましく思ったりしている。

Img_0920

それで人生100の欲望プランをシートに書き出すことを教えられた。
それで、旨いラーメンを食べたいとか、恋人10人ほしい、超ウルトラマラソンを走る、世界旅行、その前に英会話の完成、90まで生きるなどと書き始めたのだが、到底100を書き出すのは無理だと悟った。

Img_0922

それに書き出したところで、それを実現すべきかどうかさえ疑問になってきた。
90まで生きるにゃラーメンやウルトラは逆モーションかも知れないし、第一人生に哲学が無くなっちまう。

Img_0923

アレもコレも欲しい、コレもやってアレもって、欲望には際限が無いが、ハテその先に何があるのだろうか。
そもそも個々の感情や欲望は制御すべきものであって、欲望に支配されている限り人は幸せになれないんじゃ無いか。

Img_0924

・・ってな訳で、私の人生100のプランは27で頓挫したのであります。
だって、欲望のままに人生を突き進むなんて、それは理性の無い人間のやることだもの。

|

« 何気もない一日 | トップページ | 平成の30年 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何為に生まれたの?
何の為に生きるの?
人間って何だ?
人間らしいってなだろ?
らしくなりたい!
知りたい!
私の十代でした。
今では分からない位の根暗男!
不満だらけ
母親には、馬鹿にされ
ブレ掛けた10代
でも父母への感謝の思いが、私の支えでした。
父の夢話しや父の失敗話し父や母への親孝行の様子が、私の心の指南として未だにある。
未熟者ながらも今の自信は、親を見て来たから。
親の様には生きれないこど、真似なら出来る。
有り難いです。

兄貴も聞いてると思うけど
あの佳江さん亡くなりました。
交通事故悔しいです。憎いです。

投稿: ひろ | 2018年11月 1日 (木) 20時00分

 佳江さんのご不幸、余りに思いがけないことで、猛烈な喪失感に襲われています。何気ない日々のお付き合い、それが何時の間にか、大きな領域を占めていたんです。
 人一人が亡くなるってことのダメージをひしひしと感じています。そう、交通事故が憎い。
                 山草人

投稿: 山草人 | 2018年11月 2日 (金) 07時58分

ヨッピーさんの死をまだ受け入れられない自分が居ます。 彼女は特に何かの言葉を残したわけでもなく、社会的に何かを為したわけでもありません・・、しかし、彼女を思う時常に「笑顔」がありました。当たり前と思っていた「笑顔」にもう会えないと思う時、ポッカリと空いた大きな喪失感はなかなか埋まりそうにありません。

人は二度死ぬと言われます。これからも色んなシーンで思い出すと思いますが、彼女の分も生き継いで行かねばと思っています。合掌

投稿: 長谷川 | 2018年11月 2日 (金) 16時08分

 長谷川さんに、まったく同感です。何のけれんみも無く、真っ直ぐに正に童顔のままに生きた佳江さん。でもその実、火災があったりと波瀾万丈でもありました。密かに秘めたもの(信念)があって、だからこそ笑顔を通せたのだと思います。共に生きた者として、彼女は愛すべき人だっと思います。
 明日、そんな思いを込めて、弔辞を読ませて頂きます。
                 山草人

投稿: 山草人 | 2018年11月 2日 (金) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67335690

この記事へのトラックバック一覧です: 欲望プランシート:

« 何気もない一日 | トップページ | 平成の30年 »