« エイド満喫の南伊豆 | トップページ | 見た目 »

2018年11月11日 (日)

レースの後に

ウルトラマラソンと言えども一場の劇場に相違なく、レースが終われば達成感と疲労感、それに幾ばくかの寂しさがやってくる。
そして、その寂寥感を癒やしてくれるのが、走る楽しい仲間達の存在なのである。

Img_1133

今回も同じ宿に集った仲間と共に、伊勢エビの活き作りなど、疲れた体にはとても食べきれないご馳走が並び、私謎は談笑こそがご馳走とばかり、箸は必ずしも進まなかった。

Img_1137

ともあれ今回は、Tさんのリタイアを除き、全員が頑張って完走と好成績を残した。
だから話題が盛り上がらない訳は無く、一日の疲れも忘れて、夜半まで楽しい一時を過ごしたのでした。

Img_1140

一夜が明けてランナーの朝は早く、6時には宿の玄関前に集合し、揃って弓ヶ浜へ。

Img_1143

夜明けの弓ヶ浜は、その弧を描く砂浜に浪が静かに打ち寄せていて、あくまでも静かだ。
昨日のレースでは、この辺りは15k地点で、この先を心配しつつ大汗をかいていたところだ。

Img_1148

その弓ヶ浜に立ち、今年も元気に78kを走り切れたことと、自らの来し方を重ねていた。

Img_1154

来年、否再来年は果たして走りきれるだろうかという思いである。
仲間達は、短パン姿の私の方が断然若々しく見えて、今朝は唯の爺さんだという。

Img_1155

実は、今朝の私の方が本当の姿なんだが、それでも「こいつらにゃ、負けるもんか」って思いがある。

Img_1157

ともあれ、一行は例年の如く干物屋に行って、これまた叔母さん達と冗談を言いながら食べ、そして土産を買う。

Img_1161

その後が問題で、今回は下田の了仙寺(ペリーとの日米通商友好条約を交わした寺)に行った。

Img_1165

ペリー道路を一回りして、当然開国記念館に立ち寄るものと思ったら、皆さんは「もう、良い」と言う。

Img_1167

下田に来て、この国の維新前後を学ばないって手は無いのだが、我が愛すべき仲間達にはその関心が少し足りないようであった。
それよりも足腰の重さや、レースを終えてこれからの帰途の方が心配らしく、無理強いは止めにした。

Img_1174

それで皆と別れた私達5人は、修善寺に立ち寄って美味しい蕎麦を頂いたのである。
ともあれ、そんなこんなのわいわいが、昨日のレースの疲れを癒やしてくれるのであった。

|

« エイド満喫の南伊豆 | トップページ | 見た目 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様〜凄い仲間達ですね。
大会とアフターも素敵
開国記念館いいですよね。
2回行ったけど、何故か幕末期にタイムスリップ出来ます。
初代下田城の城主が戸田氏だと知ったのも開国記念館でした。
愛知田原とゆかりの有る事、唐人お吉の話も芝居や物語とはかなり違う様に現地に行かないと感じれないね。

ともあれ良き思い出作り出来て良かったですね。
また聞かせて下さい!

投稿: ひろ | 2018年11月11日 (日) 19時04分

本当に、素晴らしい仲間たちに巡り会えたものです。
私の場合、それは佳江さんのおかげです。
南伊豆を一緒に走った事はありませんが、苦しくて歩いている時「弥生さん、頑張って走りんよ」という佳江さんの声が聞こえるようでした。
帰りの車の中で、「山草人さんってモテるよね〜」と発言した人がいた事をご報告しておきます。(^^)

投稿: 弥生 | 2018年11月11日 (日) 22時27分

 ひろさん、ありがとう。ひろさん達がマラニックに来なくなって、もう随分たちますね。あの頃を懐かしく思いだしています。
 ともあれ、人それぞれ関心の方向は違っていても、懸命に走るって言う共通項は強い絆です。共に汗をかき、その困難を乗り越えていく、その心を皆で磨き合っているんだから。
                 山草人

投稿: 山草人 | 2018年11月12日 (月) 08時34分

 弥生さんホント、あの独特な佳江さんの言い回しが、笑顔と共に浮かんできました。朝方着けたあの小さなリボンが、そうさせたんだと思います。
 ところで、昨日は何故か鼻がむずがゆかったんだけど、この何の変哲も無い爺さんの下馬評をしてたんですね。まぁ良いですよ。少しぐらいの噂なら、本望です。
                山草人

投稿: 山草人 | 2018年11月12日 (月) 08時41分

そうだなー!
私達が、マラニックに行かなくてなって4年です。
でも相棒も兄貴好きらしい。
追悼マラニックだったんですね。
懐かしいすね。
メンバー消えても絆は変わらないよ!

投稿: ひろ | 2018年11月12日 (月) 20時20分

 人と人との出会い、それは奇跡のようなものだと思います。ひろさんとの出会い、そして相棒さんとの出会いだって、それは素晴らしい出会いでした。
 人が生きるって、それはとんでもなく大業なことじゃなくって、極自然で良いんじゃ無いかな。自然のままに生きて、そして死んでゆく。その間に色々とあったとしても、それは大したことじゃ無い。肝心なのは、その気概なんじゃ無かろうか。
                山草人

投稿: 山草人 | 2018年11月13日 (火) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67370340

この記事へのトラックバック一覧です: レースの後に:

« エイド満喫の南伊豆 | トップページ | 見た目 »