« 冬の思いで | トップページ | さばかりのこと »

2018年12月28日 (金)

時を創る

近年の私の口癖は「残された時間を大切にしなきゃ!」である。
この未だ元気な内に、思い残すこと無くできる限りのことをやっておきたい。

Img_1550

そんな思いでこの数年を過ごしているのだが、待てよ・・・と思い始めた。
既に公職を殆ど退いた身だからサンディ・毎日かと思いきや、趣味の農業やランを含め、毎日やることが待っている。

Img_1476

思いの外、かって気ままな時間は少ないのである。
それにもかかわらず、夜九時過ぎには布団に入ってしまう毎日だ。

Img_1478

理由は寒いし暗いし、TVも詰まらんし、それなら寝るかって事が続いていた。
寝たからと言って熟睡できる訳じゃ無く、脈絡の無い夢を楽しむ(?)のがせいぜいである。

Img_1482

それで気付いたのが、この夜更けの時間を活かすことである。
自分の限られた人生の時間を意味あるものにするには、この時間を使うしか無いじゃんってことだ。

Img_1483

未知の領域の本を読む、もっとアクティブにノーベルを書く、或いは何もせずにぼんやりする。
そもそも、寝てしまっては今日という日が無くなってしまうのであって、夜更けの時を楽しめば良いのだ。

Img_1485

その無垢の時間を、してもしなくても良いことに使うのは、実に楽しいことなのかも知れない。
殊に人生のあれこれを回顧したり、妄想を膨らませてみるのも面白いだろう。

Img_1489

そんな妄想の中から、これは是非やらなくっちゃとか、或いはこれまでと異なった展開が出来るかも知れない。

・・・って訳で、この年末から生活習慣の一部(大部かも?)を変えることにした。

Img_1497


少なくとも立春まで試行錯誤してみて、その間に何が出来るかと密かに楽しみにしている。


|

« 冬の思いで | トップページ | さばかりのこと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67530707

この記事へのトラックバック一覧です: 時を創る:

« 冬の思いで | トップページ | さばかりのこと »