« 反転の日 | トップページ | 満観峰から高草山へ »

2018年12月23日 (日)

興津健康ランドから

昨日は、年末恒例の浜石岳マラニックであった。
それが、この時期には珍しく、早朝からかなりの降雨で、急遽のコース変更になった。

Img_1529

浜石岳は駿河湾を右手にすれば、富士山の雄姿はもとより、南アルプスをも見渡せる絶景の地だ。

Img_1531

しかし何せ雨が降っては道は滑るし、最大の魅力である眺望の期待も出来ないとの選択だ。

Img_1534

それで、興津の健康ランドから薩埵峠を経て、由比から新蒲原までの旧道を往復することになった。

Img_1536

なべて30kほどになるのだが、その途中で旧東海道の町家などに立ち寄りながらである。

Img_1538

この興津から蒲原までは、望嶽亭(山岡鉄舟由来)など、或いは街道筋で最も古くからの建物が残されている地域だ。

Img_1539

雨宿りを兼ねて幾つかの歴史遺産を辿りながら由比の町へ、由比は桜エビの本拠だが今年の漁が中止となって、何だかシンと静まりかえっていた。

Img_1541

例年なら、この由比ヶ浜で特産の桜エビのかき揚げ丼を食べるのだが、皆休業だった。

Img_1543

新蒲原では、田中顕光も歯の治療に訪れたという五十嵐邸の豪勢さを味わい、引き返した。

Img_1544

途中の魚屋では、イルカのスマシなるもの(ヒレのゼラチンの部分)を食べて、その珍味がすっかり気に入ってしまった。

Img_1547

Img_1551

桜エビも含め、その土地にはその土地の風土が生み出した「食」があるのである。

Img_1553

ともあれ走ること四時間半余で、健康ランドに戻ってきた。

Img_1557

この健康ランドは、各種の風呂が有るだけでは無く、宴会場や仮眠、マッサージ、スポジムなどのリラクゼーションが全て揃っている。

Img_1561

ゆっくりとその風呂で疲れを取ると、最上階での忘年会で、更にはカラオケと続いたのである。

Img_1565

確かに雨の一日だったけど、いやぁ~すっかりと暮れの一日を楽しんでしまった。

Img_1568

|

« 反転の日 | トップページ | 満観峰から高草山へ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 興津健康ランドから:

« 反転の日 | トップページ | 満観峰から高草山へ »