« 生命力の根源 | トップページ | 伏見へ »

2018年12月15日 (土)

草津宿から三条大橋へ

私は初めての参加だが、うり坊会の皆さんは東海道五十三次の最終章である。

草津駅に降りると、何と予想外にも冷たい雨が降っていたが、8人のメンバーは元気に宿場町へと走り出す。

Img_1421

そう、今日は草津から唐瀬、大津から逢坂の関を経て三条大橋まで、28kほどを走るのだ。

Img_1424

と言ってもあちらこちらに寄りながらだから、距離も時間も延びていく。

Img_1428

先ずは草津宿本陣へ、この本陣は規模も大きいが幕末のたたずまいをそのまま残している。

Img_1430

次いで街道交流館に立ち寄って、浮世絵づくりや道中姿になってみたり、寒さを忘れて楽しんでいる。

Img_1433

この1kほどを進むのに一時間余りを要していて、流石にj間に合わないと瀬田の唐橋に向けて足を急がせる。

Img_1438

無事に、急げば回れの唐橋を渡った頃にはお昼になっていて、うどん屋に入って昼食。

Img_1439

琵琶湖を右に見ながら北上し、途中では義仲寺や蝉丸などをたどる。

Img_1441

坂を上ってやれやれと思う頃、そこには逢坂の関跡があって、ここからは京都の町に下っていく。

平安時代前まで、京の都を守る重要な関だったし、都から旅立つ人々の惜別の地だ。

Img_1444

三条通りに入っても、そこから三条大橋までは5k程もあって、遂にゴールとなったのは16時だった。

Img_1446

ともあれ女7人に男2たり、姦しいのは女三人までで、とてものこと嘴を挟む隙はない。

今回は小さくなって付従っていたが、三年前走った時とはイメージも随分違って、それはそれなりに楽しい走り旅になった。

Img_1474

これで東海道を終え、来年からは中山道に移る。

中山道は山の中で、かなり大変な走り旅になりそうだが、何とか私も全てを走り切りたいものだと思った。

|

« 生命力の根源 | トップページ | 伏見へ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草津宿から三条大橋へ:

« 生命力の根源 | トップページ | 伏見へ »