« 行く年 | トップページ | ご利役三倍 »

2019年1月 1日 (火)

明けて亥年に

皆さん、明けまして新年お目出度うございます。
社前に集まっている村衆ににそう語りかけながら、恒例の初参りをした。

Img_1467

社前で初日の出を遙拝し、社屋に入って揃って神前に参り、やがて直会(なおらい)となる。
昔から続いている村の習いである。

Img_1591

とは言っても、近年では集まるのは年配者であり、それも年々減ってきている。
全てが時代の趨勢だが、かつての正月は寒気と共に凜として、厳然たる趣でやってきた。

Img_1589

だから私達も、威儀を正し年に一度の飾り付けをして、殊更改まって迎えたものである。
子供の頃は、正月の朝には枕元に新品の肌着などが準備され、それに清々しい気持ちで腕を通し、少し遠い法多山に参るのが常だった。

Img_1590

薄暗い山道を登りながら、何となく今年こそなどと思っていたものである。
しかしながら70余回も新年を迎えてくると、その新年なるものの凝縮力が次第に減ってくる。
大袈裟に言うと、未来に向けての決意を受け止めるだけの緊張を孕んでいない気がする。

Img_1468

而して10日もすれば、年初の決意など打ち忘れて暮らすことになるのが常だ。
さはさりながら、私にとっては何と6回目の(年男)亥年が巡ってきたのである。
年男と言っても、どの年代もの亥年生まれが似ている訳でも無いが、団塊の世代の先頭をくぐり抜けてきた我が同世代は、どこかイノシシに近いと思っている。
食べるものすら事欠いた終戦直後に生まれ、高度経済成長時代を猪突してきたし、バブル崩壊で勢いを失うと途端に豚になっちゃった。
だけどイノシシはやはりイノシシで、方向は違えどもあちらこちらに猪突猛進する姿は変わらない。

Img_1469

私も正月早々から走り始めるつもりで、この一月から一気に拍車が掛かりそうである。
ともあれ、この元日はまれに見る穏やかな好天に恵まれ、今日だけはと書斎にこもって過ごした。
ニュージ250k参戦の諸々の手続きやら、我がノーベルの続きやらである。
そうこうする内に孫達がやってきて、やっと正月らしい気分がこみ上げてきたのである。

|

« 行く年 | トップページ | ご利役三倍 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明けて亥年に:

« 行く年 | トップページ | ご利役三倍 »