« 亥年生まれ | トップページ | 心配の量と質 »

2019年1月19日 (土)

でこぼこマラニックへ

今日は俄に予定がエンプティーになって、ドタサンで標記のマラニックに参加した。
北遠で孤軍奮闘、頑張っているシンシンさんのマラニックである。

Img_1887

その名の通り、北遠は山ばっかりで、どちらに向かおうが急な斜面を上り下りする他無い。

Img_1890

と言う訳で今日はスペシャルコースって事になって、秋葉ダムサイトのいたわりの湯に集まったのは6名。Img_1892
午前九時、揃ってダムを下り、白倉峡の隣の小芋川を遡って山を登っていく。

Img_1894

途中から林道に入って、やがて道は倒木の続く険しいものになって、間違いに気付いて引き返すこと1時間余。

Img_1895

やはり山間のことで、道は凍って風も冷たく、手先は冷たく凍てついていた。

Img_1896

引き返して10k近くの陽の当たる場所で、遅い昼食となった。

Img_1898

それまでずっと凸凹、山の中を彷徨っていたのである。

Img_1899

それでも、これが正に凸凹マラニックで、途中でであったハンターが「良く、この山を走ってきたなぁ」と感心していた。

Img_1900

ともあれ本来のコースに戻って、不動の滝に着いた時には14時を過ぎていた。

Img_1902

この不動の滝は、天竜川に向かって流れ下る300mほどの滝で、この渇水期にも十分な水量が流れ下っていた。

Img_1903

それにしてもこの辺り、過疎化が顕著でめったに人に会うことが無い。
これから先、この北遠地域はどうなって(ひょっとしたら消えて)しまうのか?

Img_1904

何であれ、人が入り込む動機を数多く創らないと、凸凹の生きる術は無いのだと思う。

Img_1905

ともあれマラニック6時間30分、15:30にはいたわりの湯に辿り着くことが出来た。
ゆっくりとお湯に浸かって、懇親会をして、夕闇迫る中帰宅の途についたのである。

Img_1907

静かな山の中を走るマラニック、私は好きだな。シンシンさん頑張れ!!

|

« 亥年生まれ | トップページ | 心配の量と質 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今日は
ありがとうございました。
応援してくれる人がいて、本当に有難いです。
有難い。
有ることが稀である、こと。
北遠に暮らす人が稀である。こと。
少ない人数でもガンバル、こと。
今年も、何とかやっていきますので、宜しく、です。

投稿: しんしん | 2019年1月19日 (土) 22時23分

 しんしんと名乗って、こつこつと何かやっている人がいる。何が出来るか、半信半疑で眺めている。
 応援する人達も、少しずつ増えて・・・それで良いよ。北遠、頑張ろう。
               山草人

投稿: 山草人 | 2019年1月20日 (日) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67607713

この記事へのトラックバック一覧です: でこぼこマラニックへ:

« 亥年生まれ | トップページ | 心配の量と質 »