« 明けて亥年に | トップページ | 箱根八里を »

2019年1月 2日 (水)

ご利役三倍

正月二日は遠州三山初詣が恒例になって、もう久しくなる。
9時袋井駅に集まったのは42名で、家康ゆかりの可睡斎、油山寺、そして法多山尊栄寺を順番に巡って詣でる。

Img_1593

車ならば渋滞の列の中で一日を過ごすことになるが、自分の足ならばこの三詣でが可能なんだ。
おまけに温泉に浸かって、新年会付きなのである。

Img_1598

初詣とは言っても、毎年決まって平穏無事を祈念するのであって、これは自分への決意でもある。

Img_1602


色々と欲はあったとしても、一年間故障無く平穏無事に走ることが出来れば、これに勝ることはない。

そして今回は、昨年のナビブ砂漠ランのお礼と、来月からのニュージーランド250kの祈願であった。

Img_1603


昨年からの一年を思いつつ、その時の流れの速さと、これからを思うのである。

Img_1607


参道を歩く善男善女の姿は変わらねど、私は一年一年(心は兎も角)老いているのだろう。

可睡斎と油山寺はともかく、法多山にはもう50数年も詣でているのである。

Img_1611


子供の頃は家族揃って夜明け前に、(あの頃の正月は清々しかった。)歩いた。

Img_1614


その親父の顔やみんなの笑顔が甦っても来る、その思い出の時と場所なんだ。

ともあれ、私達は12時半過ぎには和の湯に到着して、箱根駅伝を観戦しながらゆっくりと湯に浸かった。

Img_1616

青学は思いの他の苦戦で、明日に何処まで盛り返せるのかが、注目の的となった。

Img_1618

たかが走ることだが、それでも思い通りには行かないのである。
況んや我が生き様など思い通りになるはずも無く、右往左往の道行きだが、それでもここまで走ってきた。

Img_1619

勿論これからだっては走り続けるさ、今日も明日も。

Img_1620

そんな訳で、明朝は国府津まで行って、箱根駅伝(青学)を精一杯応援してくるつもりだ。


|

« 明けて亥年に | トップページ | 箱根八里を »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご利役三倍:

« 明けて亥年に | トップページ | 箱根八里を »