« タイ・バンコクの自然 | トップページ | 監的哨 »

2019年2月 3日 (日)

神島から菅島へ

今回は伊良子岬と鳥羽の間に、伊勢湾を睥睨するように鎮座する二つの島を訪れた。
神島は、伊良子岬のほど近くにあって、あの三島由紀夫の「潮騒」の舞台として知られる。Img_2232
島を一週しても4k程しか無い小さな島、「潮騒」はその島を舞台に描かれ、吉永小百合や山口百恵、堀ちえみなどをヒロインに5回も映画化されている。
 Img_2233 
私は勿論吉永小百合世代だが、あの監的哨跡でのクライマックスは忘れられないシーンだ。

Img_2234_2

そもそも都会育ちの三島が、あの離島での青春ドラマを何故描き得たのかが謎だったが、

神島を訪れてその謎は解けた

Img_2241

神島の自然とエーゲ海の小島を素材にした、下地となるギリシャ小説があったのだ。

Img_2244 

それにしてもあの誰もが通過する甘酸っぱい青春を、あの映画を通じて私も味わったのである。

Img_2249

神島にはその撮影の舞台がそれぞれ残されていて、結果として私達はその撮影場面を辿って回ることになった。

Img_2257

島には11時頃到着したのだが、神島灯台でゆっくりお昼をとったのに、2時間出回ってしまった。
Img_2262
菅島への船の時間には間があって、結果として私は島を二周してしまったのである。

Img_2264

ともあれこの島特有のカルスト地形も含め、小さい島ならではの風情を味わうことが出来たのである。
Img_2265 
三時過ぎに菅島への船に乗って、島の民宿に入り、アワビなど海の幸一杯のご馳走を楽しんだ。

Img_2267

しんごろ浜から白髭神社、日本最古の菅島灯台、そして藪漕ぎの道を経て山頂へ。

Img_2277

標高の割に随分と苦労させられたが、紅ツゲ群生地を抜けるとあっさりと山頂が現れた。

 

 

Img_2281

ともあれ、この島の山頂を極めたのである。

Img_2283

Img_2285

島の裏側に回ると、そこは大規模な砂利採石場のパノラマだった。

島の山を削って、骨材の運び出しが行われているのだ。

Img_2286

Img_2288

この大山は伊勢湾の島では最も高い山で、昭和58年に自衛隊機の衝突で12人が亡くなった山でもある。

Img_2292

歩くこと4時間、この菅島を満喫し、今回の二日間の旅を終えたのである。

|

« タイ・バンコクの自然 | トップページ | 監的哨 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

タイ・バンコク初めての海外マラニックお世話になりました。すぐまた神島に参加にびっくり。私は2日篠ノ井ランニングクラブの例会に参加し20キロ走りましたが、日曜咳と鼻水が出始め夜喉が痛く熱も37度8’。今日医者でインフルの検査しました。普通の風邪だったのでほっとしています。川島さんの体力には只々びっくりです。これからもよろしくお願いします。

投稿: 飯島啓子 | 2019年2月 4日 (月) 20時07分

飯島さん、タイでも色々と沢山お世話になりましたね。有り難うございました。それからインフルで無くて良かった。タイで少し疲れたのかも知れませんね。
 ともあれ元気が何より、お互いに気張りましょう。
               山草人

投稿: 山草人 | 2019年2月 5日 (火) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67660770

この記事へのトラックバック一覧です: 神島から菅島へ:

« タイ・バンコクの自然 | トップページ | 監的哨 »