« 人生の午後は、ながぁ~い | トップページ | 千古不易 »

2019年2月26日 (火)

色即是空

私は仏教者でもないし、来世を信じないおよそ無信心な男だ。
人間は、その成否は別にして、精一杯生きて静に死んでゆけば良いと思っている。

Img_2049

それでも、あの「まかはんにゃはらみたしんぎょう・・・」で始まる経文には興味がある。

Img_2052

般若心経は、鎌倉時代の禅僧道元の説いたもので、その修証義の最後の章に登場する。
その中の「色即是空 空即是色」も元より経文だから、理屈ではなく感性で受け止めるものだろう。

Img_2054

ただ、空とは魂のことであり、色とは我々人間も含め形あるもののことだ。

Img_2056

所詮人間の一生も、この宇宙というか、自然の風景の中に溶け込んでいるって思いだろうな。
そもそも仏教には「三千大千世界」なる概念があって、この銀河を何万倍にもした世界だ。

Img_2058

想像を絶する広がりだが、宇宙科学の進歩した現代では、それは現実のものになっている。

Img_2060

また仏教には劫(ごう)と言う世界観があって、信じられないほどの長い時間を表す。
永遠と言っても良いだろうが、その世界観の中では、人間の一生などは30で死のうが100歳まで生きようが、それはさしたる事ではない。

Img_2069

人の一生は本人にとっては一大事だが、この大宇宙にとってはケシ粒ほどの意味も持たないって事だ。

Img_2073

色即是空 空即是色、私も必死な思いで生きているのだけれど、達観してみればさしたる事でも無い。

Img_2076_2

ともあれ、自分の死と共に全ては終わるのである。
さすれば、それこそ真剣に、必死で生きる他無かろう。

Img_2077

|

« 人生の午後は、ながぁ~い | トップページ | 千古不易 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色即是空:

« 人生の午後は、ながぁ~い | トップページ | 千古不易 »