« 行き交う年も又旅人 | トップページ | 「いのち」の活気 »

2019年2月12日 (火)

楽しく遊ぼッ

齡70余歳、つらつら考えるのだが、随分年を取ったが若い頃に戻りたいとは思わない。
そりぁ~、16歳位に戻してくれるのなら、あれこれと挑戦して見たいことがあるにはあるが。

Img_2228

若いってことは素晴らしいとは思うが、それはそれでかなりしんどかったのでは無いか。

Img_2229

自分の考えや行動に何時も不安を感じていたし、何事にも性急でそれに先が見えなかった。
何時だって必死で走っていたし、そもそもこの人生ってものへのイメージが無かった。

Img_2230

そのあの若かりし頃に比べると、確かに歳は取ったが今の方がずっと良いと思う。

Img_2231

何故って、僅かな年金が頼りだとしても、それでも悠々自適な毎日だからだ。
取りたてて欲しい物も無いし、自分がやるべしと思うことは何でも出来る自由がある。

Img_2235

それに、種を蒔いてその芽が出て花咲き稔るまで、ジッと待つことだって出来るのである。

Img_2236

そして最大の特典は、思う気儘に遊ぶことが出来るってことさ。
人生とはなんぞやと色々考えるのだが、とどのつまり「人間の本当は、この世で楽しく遊ぶ為に生きる。」って事らしい。

Img_2237

我が家の前のグランドでは、老人達が嬌声を上げてグランドゴルフに興じている。

Img_2238

勿論私も負けじと、毎週のようにあちらこちにと楽しみに出かけている。
ホウレンソウや葡萄を「今年こそはもっと工夫を・・・」と、それこそ娯楽として栽培している。

Img_2239

材料を育てて自家製キムチを作ったり、時には自分で料理したりもするんだ。

Img_2240

山を走れば鳥が鳴き、春になればあれこれ花の香りも漂って、それを味わう自由がある。
心を悩ますことがない訳では無いが、若い頃に比べりゃ、それはちょろいもんさ。

Img_2242

遊べや遊べ「この世は楽しく遊ぶためにある。」・・・こりぁ、長生きしちゃうなぁ。
みなさん、また遊ぼうね。

|

« 行き交う年も又旅人 | トップページ | 「いのち」の活気 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/67693548

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しく遊ぼッ:

« 行き交う年も又旅人 | トップページ | 「いのち」の活気 »